最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1412号
2月28日号
2月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

10月27日増刊号
9月20日発売

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

錦織圭フィアンセ「チームから総スカン」で結婚できない?スポーツ 2016.12.17

『錦織の応援に来た観月あこ』

『錦織の応援に来た観月あこ』

 

「結婚は厳しいみたいよ。いろいろ報じられて、私ら親戚は頭にきとるしね。なんであんな言われ方をしないといかんのか……。向こうの両親は結婚に反対しとるでしょ。なんで、だろうね」

 

 そう語るのは、錦織圭(26)の恋人で元モデルの観月あこ( 25)の親族の一人。人口4万人余りの富山県某市。この街で、2人の結婚話がもりがっていたのも今は昔。現在は、結婚に暗雲が立ちこめているのだという。

 

 語るのはある商店主。

 

「夏ごろまでは、圭くんが地元に来て有名なケーキ屋さんに行ったとか、温泉に行ったのを見た、という話が出回っていて、ああ本当に結婚するんだと思うとったよ。でも最近は話にも出てこんね。若い者はわからんからね」

 

 観月は「週刊文春」に「奔放すぎる」と書かれたり、本誌でも「3歩前を悠然と歩く」などと報じてきた。それには理由がある。

 

「錦織の前の恋人だった女性の評判がすごくよくて、錦織の両親も公認の仲だった。早大スポーツ科学部の出身で栄養学や運動生理学を学んだだけあって、錦織の体調管理までしていた。それに錦織を立てて、一歩下がるような女性だった。

 

 対して観月と言えば、物怖じしないというか、自由奔放というか……。性格や行動は真逆。コーチのマイケル・チャンも2人の交際をなぜかよく思っていない。前の彼女との破局をいちばん悲しんだのは、『チーム錦織』のメンバーたちだった」(テニス関係者)

 

 それでも観月側は、錦織との結婚はできるものだと考えていた。ところが、錦織の両親が結婚に反対していることがわかり、観月の地元の盛り上がりはしぼんでしまった。はたしてラブゲームの行方は……。地元で葬祭業を営む観月の父親は、来意を告げると頑なに話すのを拒んだ。

 

「ダメダメ、今は葬式中なんだから」

 

 美容室を経営する母親は不在のため、祖母に聞いたところ「私には何もわかりませんから」との答え。代わって冒頭の親族は、こう返すのだ。

 

「圭くんがちゃんとしてないからこうなるんじゃない。両親なんて関係ないでしょ。しっかりしてほしいね」

(週刊FLASH 2016年12月27日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年新春特大号
12月28日発売

詳細・購入