最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

岩井秀人「もう俳優はいいや」阿部サダヲとの舞台共演が転機

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.05.15 06:00FLASH編集部

岩井秀人「もう俳優はいいや」阿部サダヲとの舞台共演が転機

 

「20何年通っていて、台本は全部、ここで書いたんです」
 特別な場所ではなく、いつもの場所。俳優・劇作家・演出家の岩井秀人(45)には、生まれ育った東京都小金井市にある「デニーズ 小金井本町店」のザワザワ感が心地いい。

 

「おもしろいお客さんが、ちょくちょく現われるのが好きですね。覚えているのは、すごく具合が悪そうな、木みたいな人。今はないカウンター席で、ボロボロの文庫本を静かに読んでいるんですけど、何時間かに1回、突然爆発したように『ぶわっふぁっふぁっ!』って笑うんですよ」

 

 

 小金井で生まれ育ったことは、岩井の考え方や感覚に大きな影響を与えているという。

 

「出身地の話になったとき、東京以外の人には東京ぶりたいんですけど、23区内の人には引け目を感じるっていう。東京のど真ん中で起きていることに、小金井に住んでいる身としては、なんかやっぱり圧倒的な距離があるんですよ。

 

 この距離感って、けっこう決定的で。“社会” っていうのが、どこかにあるんだけど、そこに全力で参加できない」

 

 岩井は16歳から20歳まで、ひきこもりだった。昼間は部屋から出ず、夜になるとリビングで格闘技番組を観ては、小金井公園の木に括りつけたサンドバッグを蹴り殴る。そんな毎日のかたわら、映画を観まくったことで、俳優を志すようになった。

 

「それで、『桐朋学園』っていう大学に入ったら、舞台俳優の養成所みたいなところだったんですよ。舞台の演技って、映像と違って、しっかり立ち、しっかりしゃべることがベースにあるんです。

 

 僕が好きだったのは、ジム・ジャームッシュのような、仰々しいシーンも派手なアクションもない映画だったから、そういうのを『クソダサいな』って思いながら大学に通っていましたね」

 

 既存の劇団に所属しようとも思わなかった。

 

「何を血迷ったか、『無名塾』だけは受けました。そしたら、みんな仲代達矢さんみたいな顔してるんですもん。地を這うような声を出してて、『これも違うな』って。結果? もちろん落ちました」

 

 演劇が大嫌いになって、大学を卒業した翌年、竹中直人が主宰する「竹中直人の会」の『月光のつゝしみ』(作&演出・岩松了、2002年)に、スタッフとして参加することになる。さりげない日常や会話のズレから、物語が展開していく世界観に、岩井は、“しゃべり言葉の演劇” の魅力を見つけた。

 

「岩松さんや、平田オリザさんの舞台には、現実にそのまま何かを持ち帰れるような感覚があるんです。自分の目で見ていた世界に、ほかの人たちの視点が加わるというか……。

 

 観終わって、駅とかの公共の場に出ると、そこにいる全員に命が宿っていることを再認識できるんです」

 

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入