最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ギャラ1本100万円まで高騰「田中みな実」争奪戦が始まった

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.07.02 06:00FLASH編集部

ギャラ1本100万円まで高騰「田中みな実」争奪戦が始まった

6月上旬、都内で『M』のロケをおこなった田中みな実。撮影後、「L」の文字が入った台本が手に

 

 新型コロナウイルスの影響で、てんやわんやのテレビドラマ業界。そのなかにあって一気に株を上げているのが、“女優” 田中みな実(33)だ。

 

 現在放送中のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)での怪演が話題となっているのは、ご存じのとおり。そして今度は、田中みな実演じる秘書・姫野礼香を主役としたスピンオフドラマが、ネットで配信されているのだ。

 

 

 コラムニストの辛酸なめ子さん(45)が、女優としての田中みな実の魅力を語る。

 

「最初は主人公たちのストーリーを追って観ていたのですが、回が進むにつれて、田中さんが豹変していく過剰な演技が楽しみになりました。『よく相手役の人が笑わずにすんだな』というくらいの、激しい演技ですよね。

 

 田中さんは、学生時代に自主制作映画に出演したり、局アナ時代は “ぶりっ子” キャラを演じたり、もともと演じることに素養があったのではと思います。

 

『M』では嫉妬に燃える怖い役柄だったので、今度は女教師役など明るく元気な役を演じている田中さんを見たい」

 

 6月20日に放送された『M』第5話では、濃厚なキスシーンを連発。ネット上で、「過剰濃厚接触」が話題となった。

 

「いまやテレビ業界にとって、田中みな実は “キラーコンテンツ” です。どの局も、彼女をキャスティングすることが最重要課題となっています」

 

 そう明かすのは、大手広告代理店のドラマ枠担当者だ。

 

「コロナ禍のなか、これからのドラマは、制作費がより縮小されていく傾向にあります。ドラマ制作のあり方を、根底から変える必要があるのです。

 

 かつてのように『木村拓哉や福山雅治、米倉涼子などの主役級さえ押さえておけばキャスティングはOK』などという時代は終わったんです」(同前)

 

 そんな状況だからこそ、田中みな実が求められるのだと、この担当者は説明する。

 

「うちの社が、3月末に視聴者を対象に調査した『好きな女優』アンケートがあります。そのなかで、彼女は24位にランクインしました。

 

 また、同時期にテレビ業界関係者におこなった『使いたい女優』アンケートでは18位でした。これは『M』の放送前の調査ですから、現時点で同様の調査をすれば、順位が相当上がっているのは間違いないでしょう」

 

 田中みな実を支持するメイン層は、20〜34歳の若い女性。消費意欲が強く美容などにお金をかけることを惜しまない、この層の女性は、マーケティングにおいて重要な存在であり、この層の支持があるとなれば、田中みな実にスポンサーがつきやすいのは当然だ。

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入