最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

SKE48 佐藤佳穂が推す「恐怖マンガ4作」私たぶん血の色が好き

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.08.17 11:00FLASH編集部

SKE48 佐藤佳穂が推す「恐怖マンガ4作」私たぶん血の色が好き

 

 行楽地に行くのがはばかられる今年の夏は、恐怖マンガでも読んで、家で涼みましょう! 背筋も凍る作品を、ホラー大好き女子のSKE48佐藤佳穂が教えます。

 

 アイドル界随一のホラーマニアとして知られる、さとかほ。「怖い=楽しい」という、自分の感性に気づいたのは、小学校1年のころだった。

 

 

「初めてお化け屋敷に行ったとき、友達が怖がっているにもかかわらず、私には『もっと先に進みたい』という気持ちが強く目覚めました。そこで、ホラー好きを実感したんです。

 

 最初のホラー体験が『怖い』と『楽しい』が半分ずつだったので、すごく好きになったのかな、と思います。そのお化け屋敷に置いてあった心霊写真にも、ワクワクした記憶があります。

 

 それから、ホラー小説の『王様ゲーム』を読んだり、怖い系のテレビ番組や映画を観たり……。学校の友達とも情報交換をして、どっぷりハマっていきました」

 

 今回、彼女が選んだ恐怖マンガの作品に共通するキーワードは「リアリティ」だ。

 

「『エマージング』は、未知のウイルスが広がっていく話なんですけど、最初に感染した男性の体が、膨張して破裂するんです。そんなシーンは見たことがなく、思わず『いい!』って思いました。皮膚が崩れるシーンとかも、とてもリアルです。

 

『ミスミソウ』は、表紙のイラストはふわっとしたかわいい感じなのですが、読んでみたら、どんどん狂気の世界へ入っていく内容なんです。中の画が強烈で、ものすごく気持ちが煽られます。実写映画化された作品も観ましたが、血が出るシーンが多かったですね。私、たぶん血の色が好きなんです。

 

 それから『切子』は、不気味さを表現したイラストが魅力。同級生がひとりずつ順番に殺されていくんですけど、襲われるシーンがいいんです! 身近な生活の中に潜む恐怖がポイントですね」

 

 残酷なシーンについて興奮気味に語る彼女は、目を輝かせて、生き生きとしている。

 

「私、なんでも悪役のほうに魅力を感じてしまうんですよ。『白雪姫』でも、毒リンゴを持っている魔女推しだし(笑)。闇がある登場人物がいいんです。

 

『ホラー好きの人はMが多い』っていわれますが、私はダメージを与えるほうが好き。内臓が飛び出てくるようなシーンを観たあとでも、普通にお肉を食べられますよ」

 

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入