最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

Aマッソ「第7世代に仲間意識は1ミリもない」SNS時代の航海術は?

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.12 20:00FLASH編集部

Aマッソ「第7世代に仲間意識は1ミリもない」SNS時代の航海術は?

 

 アクの強い台詞をはじめ、独自の世界観が人気の女性お笑いコンビAマッソ」。このSNS全盛時代にあって珍しく、メンバーの2人ともが、SNSのアカウントを持たない姿勢を貫いている。ツイッターとインスタグラムの公式アカウントも、担当マネージャーによるものだ。

 

 

「もちろん、私たちにも批判的な意見があるのは知ってますが、罵詈雑言とかを見たくないんで、SNSはやらないです。普段から、お客さんや視聴者の評価は、気にしないようにしています。

 

 でも、たとえばYouTubeの生配信や動画にくる批判コメントを見てしまっても、『くそぅ』とはなりません。『そんなん、どうでもいい。みんな器用に言ってるな……どんどん言ったらええ!』って感じです。私らにしては、大人な対応ですね(笑)」(ボケ担当・村上)

 

 そんなAマッソのネタで大きな話題を呼んだのが、数年前に発表したコント『進路相談』。同作は、ラーメン屋を開く夢を持つ生徒(村上)と、担任の先生(ツッコミ担当の加納)との会話で構成される。以下で、その一部をご紹介しよう。

 

加納「『Aマッソ』ってお笑い芸人、知ってるか? ああいう女芸人が一番嫌いなんじゃ。見方、わかれへんやろ(中略)『女芸人が最近がんばってる』みたいに言われとるが、あれ嘘やぞ! テンプレートが蔓延してるだけじゃ!!」
村上「先生は、考え方が古いんです!」
加納「古くて結構、これが世論じゃ!!!」

 

 女芸人自体や、世間から見た自分たちについて、ユーモアと怒声たっぷりに自己批判を繰り広げた。

 

【メイク】Aマッソ加納のお気に入りメイク大公開【Aマッソ公式ch】より

 

 また最近でも、YouTubeの『Aマッソ公式チャンネル』で、「Aマッソ加納のお気に入りメイク大公開」という自己批判ネタを配信している。

 

 同作は、すっぴんの加納が、よくあるメイクの “how to動画” のように実演解説をしながら、「作家と寝てるんだろ」「尖ってるように見えて技術ないだけ」といった自己批判コメントを、映像合成で顔に塗っていくという内容だ。

 

 こうした企画には、どういった思惑があるのだろうか。ネタ作りも担当する加納が、Aマッソ流 “SNS時代の航海術” を明かした。

 

「メイク動画の私への悪口のほとんどは、作家さんがYouTubeやSNSから拾ってくれたコメントです。でもあれって、“ガキ臭い発想” というか、『言われんでも、わかってんねん!』ていうことなんですよ。ただ、悪口や批判への私らのリアクションとしては、あのラインがギリギリですね。

 

 ほかにも、ネタで『こんなアンチコメントがきてます』『やかましいわ!』という展開を作るときはありますけど、アンチに対して真剣に噛みつくことはありません。つまり私らは、『ネタというフィクション性をもってアンチに対する “接点” とする』というスタンスなんです。

 

 世間の人から投げられている評価やイメージに対しての反応としては、『ここまでで、いいかな』と。MCで返すのもダサいですしね(笑)」(加納・以下同)

 

 その価値観には、彼女たちなりの基準がある。

 

「悪口は “言われたもん負け” だから、反応するネタについては、おもしろさはもちろん、『いかにダサくならんようにするか』にも気をつけていて。無視もダサいし、構いすぎるのもダサいですからね。

 

 そういう “平衡感覚” は、『ほかのことに対しても、持っとかなアカンな』と思ってます。まだまだ勉強中ですが……」

 

 数年前までのAマッソは、見た目やモテないキャラを売りにしてきた従来の「女芸人」のイメージを覆し、あくまでネタで勝負する、“新時代の船頭” として扱われていた。

 

「『女芸人って、こうなんでしょ?』と言われるのは、今でもイヤです。ただ、そう言ってる女芸人が、ほかにも出てきましたよね。最近は、『ことさら私らが言わなくても、よくなってきたな』という感覚です。実際、“かつてのテンプレ” に頼らない芸風も増えてますし。

 

 世の中の流れに女芸人が合わせていったのか、その逆か、正確にはわからないですけど、私は自分たちも含めて『女芸人たちが風穴を開けたのではない』と思っています。『いい変化だな』とは思いますが、女芸人の単純なパワーアップだとは、とらえていません。

 

 逆にフラットになってきたから、『これからホンマに “筋肉” というか、地力が見られるぞ。言い訳できないぞ』と自戒しています」

 

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入