最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

豊川悦司、役者の道を選んだのは「きれいなお姉さん目当て」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.11 22:31FLASH編集部

豊川悦司、役者の道を選んだのは「きれいなお姉さん目当て」

 

 俳優豊川悦司が、9月11日の映画『ミッドウェイ』公開初日トークイベントで、俳優の道を進んだきっかけを振り返った。

 

 第2次世界大戦中のミッドウェイ海戦を題材にした本作。豊川は、日本海軍の山本五十六を演じた。

 

「ほとんどの日本人が知っているビッグネーム。自分との類似点を見出せなかったので、オファーが来たときは『なぜ僕のところに、すごい役が来たんだろう』とビックリ。

 

 

 これまで偉大な大先輩の方々が演じてきた過去の映画を見て、役とどう対峙したか学べてラッキーでした」

 

 海外で撮影したため、現地で活動する多くの日本人俳優の姿に刺激を受けた。

 

「海外を拠点に、俳優の仕事をする日本人が多いことに驚きました。夢を持って生活をかけている同業者がいるんだな、と」

 

 また、日本の撮影現場ではお目にかかれないスケール感の大きさも目の当たりに。

 

「スタジオは大きいし、周りのクルーも多い。トレーラーが与えられて、なんだろうと思ったら控え室。空母や戦艦の一部も実際に作られていて、ボーリングできるんじゃないかと思うくらいデカかった」

 

 そんな豊川にとって、運命を変えたターニングポイントは大学時代、演劇部に入部したことだった。

 

「役者を始めるきっかけとなったのは、大学の演劇部に誘ってもらったことですね。それまで芝居に興味がなくて、運動系だったんですが、大学の新歓でキャンパスをふらふら歩いてたら、きれいなお姉さんに声かけられて、ついて行ったのが始まり。

 

 お姉さん目当てで練習に参加するにつれて、芝居が好きになったんです。どういうものに出会うのかはわからないものですね」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入