最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

Aマッソ、次の布石は映画製作…今明かされる「原点はディズニー」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.19 20:00FLASH編集部

Aマッソ、次の布石は映画製作…今明かされる「原点はディズニー」

Aマッソの “ハイパーブレーン” で、相方の “ストッパー” も務める加納

 

 2人は大阪出身で、小学校から一緒の幼馴染。2011年に上京してからしばらくは、同居していた。これほど会う機会が減ったのは、初めてのことだ。

 

「芸人友達のほうが、まだ会ってたかな。でも、ときどき連絡はとっていて、加納が生きてるのは知ってたので、『ずっと一緒じゃないと寂しい』という気持ちは、なくなってきましたね。

 

 むしろ2019年に一緒に住むのをやめたときが、めっちゃ寂しかったです。東京に出てから約8年、同居してましたから。……うわ、いま考えるとキモっ! 一緒に住みすぎの、ファミリー系コンビ(笑)。

 

 同居を解消したのは、加納から『30代になって、お前と一緒に住むのは……違うな』って言われたから。コロナもあって、やっと『加納のいない生活』に慣れたところです」(村上)

 

 村上にとって加納は、名実ともに「欠かせない存在」だ。

 

「私は昔から “ストッパー” がなくて、思いついたら言ってしまうのを、止められないんですよ。加納にも『あんたは、なんにもストッパーがないわ。つけたほうがいいよ』って、ずっと言われてきました。

 

 だけど……どこにもなかった。やっぱりホームセンターにも売ってなかったんで、『村上用ストッパー』は(笑)。そのまま、この歳まで来ちゃいました。だから、加納が私のストッパーみたいなものなんです」(同前)

 

“ハイパーブレーン” で “ストッパー” の加納は、どう感じているのか。

 

「そんな『いい話』じゃないんですよ……。でも、これからも村上とは一緒にやっていきたいと思っていますし、あいつの “魅力” は変わってないと思ってます。

 

 村上は私にとって、ずっと特別な存在ではありました。昔からずっと周りで一番変わってて、『こいつ、変やなあ』って気になってたんです。でも、村上への見方は……死ぬほど変わりました。

 

 子供のころは足も速くて運動できたし(笑)、尊敬していたところがあります。私は長距離を努力して走るタイプで、あいつはハナから短距離が速いって感じで。“野生” というか、カッコよかったから、うらやましくもありました。

 

 思春期になって、いわゆる女性同士の “派閥” が生まれた時期も、あいつは『どこにも属さへん』っていう感じで。でも人に悪意を当てられないタイプで、ひょうひょうとした “いい性格” なんです。……まあ、ビジネスパートナーとしては、そんな呑気なことは言ってられないんですけど(苦笑)」(加納)

 

 コンビを組んで初舞台を踏んで以来、加納は村上を「ビジネスパートナー」として見るようになった。

 

「私が大学を辞めたあと、一緒に芸人を始めたんですが、最初から村上と『何かしよっか』って言ってて、その『何か』が、お笑いやったんです。

 

 中学の頃から『この子はもしかして、努力が似合わない……というか、努力ができないタイプかもしれない』とは思ってました。そしてコンビを組んだときに改めて、『こいつ、ホンマにアホなんやなぁ……』と。

 

 結成当初の村上は、単純に『ウチ何もできない……』って感じでしたけど、ここ数年で『ウチは、何もできないキャラです!』っていうのを覚えてきて、大人になったなと。私からしたら、『ホンマに何もできんやろ!』って感じですけど(笑)。

 

 その成長はたぶん、村上を認めてくれるお客さんの数が増えてきたのと、比例しているんやと思うんです。それまで私が自分とネタのことに必死で、なかなか『村上のそのままを認めてもらう』という発想にならなかったんですが」(同前)

 

 Aマッソにとって、ひとつの転機になったのが、レギュラー番組『Aマッソのゲラニチョビ』(静岡朝日放送のWeb放送局『SunSetTV』、2020年3月31日で事業終了)だ。

 

「私らが “やらされる系” の回が結構ありました。リアクション下手なのがバレる企画とか、私はボケなのにツッコミをさせられる企画とか……。自分がキモいし、恥ずかしいから思い出したくなくて、編集された完成版も見ませんでした。

 

 なかでも、『23区シリーズ(ボケの撮れ高で移動費を稼いで23時間で都内を回る企画)』は、自分で何やってるかがわからなくて、ツラかった……。ずっとボケさせられてるのに理由がない、と思ってしまったんです。

 

 私は、ちゃんと意味をわかって仕事をしたくて。昔は加納やスタッフさんが、いちいち説明してくれていたんですけど、ここ数年はしてくれなくなったので、『自分なりに解釈する』っていうのが身についてきたかな」(村上)

 

 対して加納は、同番組を通じて自分たちの成長を感じていた。

 

「一番大きかったのは、『やりたくないこともやっていた』ということ。意見をもらったときに、私らが『これ、やりたくないけどな』って言っても、『いや、そのやりたくない感じがおもしろいんですよ』って言ってくれるスタッフがいたんです。

 

 たとえば、私が気づいてないことでも客観的に、『村上さんのこういうところ、おもしろいですよ』って言ってくれたり、すごくありがたかったですね。そういうスタッフ発の企画を通して、村上の『人となり』を知ってもらうことができたので」(加納)

 

123

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入