最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

石田ゆり子、堤真一から「とんちんかん」といじられ、しょんぼり

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.28 08:00FLASH編集部

石田ゆり子、堤真一から「とんちんかん」といじられ、しょんぼり

 

 9月27日、映画『望み』の舞台挨拶がおこなわれ、女優の石田ゆり子、俳優の堤真一が登壇した。

 

 作品は、雫井侑介氏の原作小説『望み』の実写映画化で、愛する息子が殺人犯扱いされることになった家族を描くミステリー。堤と石田は夫婦役を演じている。

 

 

 堤の妻役を演じた石田は、作品について「およそ全部のシーンがつらい映画。想像を絶するお話で、話を全部理解した上で飛び込むしかないと思った。(撮影では)ある瞬間から、全部のシーンで泣かなきゃいけない日がやってきて、芝居だから当たり前ですけど、とてもつらかった」と振り返った。

 

 ストーリーが重い作品だが、堤は「撮影以外は、とにかく楽しく過ごそうとベラベラしゃべっていた」という。石田も「撮影以外の堤さんは、ずっと薪ストーブがいかにすばらしいかの話をしていて、いつも楽しそうだった。もう薪ストーブの話をしないでいただきたいですね。3日に1回ぐらいで」と苦笑する。

 

 会見では、映画のタイトルにかけて「2人が本当の夫婦だったら、互いに望むことは何か」という質問が飛んだ。堤は「何もない。でも、1日に2、3回は面白いことをやってくれる、とんちんかんなところがある人ですから。それを期待したいですね」と笑う。

 

 石田は「(堤さんには)『手順を覚えない人だね!』と言われ続けていた。内心は『ちゃんとやってくれ』と思っていると思う……」としょんぼりモード。堤はそんな石田に「いやいや、こんな人いるんだ、と思った。天然記念物みたいな人ですよ」と笑い交じりに愛のあるいじりを披露していた。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入