最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ミニシアターを救え!クラファン3億円超えで「映画人に力を」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.29 18:10FLASH編集部

ミニシアターを救え!クラファン3億円超えで「映画人に力を」

 

 映画監督深田晃司が、9月29日の「東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見」に登場した。2010年の同映画祭で、自身の作品『歓待』が注目を集めて10年。

 

「海外でも私の作品を見たいと思っている人がいると気づき、意味のある作品だったんだな、と思えました。それから10年と、節目のときに呼んでもらえて嬉しい」

 

【関連記事:大林宣彦監督が本誌に明かしていた「15歳の原田知世」】

 

 深田監督は、緊急事態宣言が発令された4月、各地で閉館の危機に瀕した小規模映画館を救おうと「ミニシアター・エイド基金」を設立。クラウドファンディング募集から1カ月あまりで、3億円を超えた。

 

「ミニシアターがなくなってほしくないと思う人がこれほどいたのは、多くの映画人にとって力になったのではないでしょうか。私自身、多くのミニシアターを知る機会になりました。こんなところにミニシアターがあったのか! と発見があって楽しい体験でした」

 

 外出自粛中は撮影せず、基金活動に力を注いでいた。

 

「脚本を書いていた時期でしたけど、ミニシアター基金の活動が朝から晩まであって、仕事みたいになって……。それで脚本が滞って、プロデューサーから怒られたことはありました(笑)」

 

 自身が手がけた最新作『本気のしるし』は上映時間が4時間近くにおよぶ。
「3時間52分あって、途中にトイレ休憩があるかと心配されますが、あります。ツイッターでも発信しました。4時間があっという間だと周囲で意見が一致してたので、怯えずに見てもらいたいですね」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入