最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

上白石萌音、人生初のドッキリを受け「芸能人として認められた」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.10.03 14:30FLASH編集部

上白石萌音、人生初のドッキリを受け「芸能人として認められた」

 

 女優の上白石萌音が、10月3日におこなわれた映画『トロールズ』公開記念舞台あいさつで、収録当時を振り返った。

 

 ミュージカル作品に、声優として出演した上白石。務めたポピー役について、歌うシーンで苦労したという。

 

 

「ポピーは基本的にテンションが高いので、普段の自分とのギャップがあったけど、それも楽しみつつ。チャレンジした歌のなかで、『Ahh!』みたいな海外のかたがやってるカッコいい声の『フェイク(=独自のアレンジ)』を初めてやって難しかった。

 

 指導してくれた外国人のボイトレの先生が、レコーディングにハイテンションで立ち会ってくれました。新しい扉でしたが、フェイクに挑戦できてよかったです」

 

 作品の宣伝活動中、人生初のドッキリを受け、芸能人として認められた気がしたという。

 

「念願でした。これまでもいろんな作品で『そろそろドッキリくるよ』と言われてきて、緊張して過ごしたのになにもないことが多かったので、このタイミングかぁ~と(びっくり)」

 

 アフレコの初日を終えた日には、こんな偶然が起きたという。

 

「ラーメン店へ入ったと同時に、(ウエンツ瑛士と小池徹平の)WaTの『僕のキモチ』が有線で流れ始めて、『ウエンツさん、ここにいたの!』と、運命を感じました」

 

 登壇していたウエンツは「曲が流れてますよ、と連絡してくれたの」と、上白石の優しさにほっこりしたと語っていた。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入