最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

指原莉乃、AKB48時代に「男性が苦手キャラやっていた」と懺悔

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.10.06 20:00FLASH編集部

指原莉乃、AKB48時代に「男性が苦手キャラやっていた」と懺悔

 

 10月3日放送の『有吉大反省会』(日本テレビ系)で、指原莉乃アイドル時代について語った。

 

 指原はAKB48のころ、「自分でもなぜかわからないけど、男性が苦手キャラやらせてもろうてました」と回想。有吉弘行から「普通に好きなのに」とツッコまれた指原は「大大大好きです」と満面の笑顔で答えた。

 

 

 一時期はキャッチフレーズが「私の性格って白いですか? 黒いですか? 私の性格は白に近い灰色、指原莉乃です」だったという。

 

 だが「5カ月後くらいにスキャンダル(が出て)、ちゃんと黒かった」と反省。その自己紹介を「すぐやめました」と笑った。

 

 また、指原は柏木由紀から学んだという握手会のマイルールを告白。それは、胸元に鏡を入れることで「パワーを持っていかれないから、私も一時期ずっと鏡を入れていた」とオカルトチックなものだった。

 

 共演の柏木は「ファンの気をちょっとはね返す」と補足。有吉弘行から「握手会が大変すぎてそんなオカルト話が出てくる」とツッコまれていた。

 

 アイドル時代のさまざまな試行錯誤を経て、指原はタレント性を確立させたのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入