最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

美川憲一、どん底から救ってくれた仏師と再会「龍神様のお導き」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.10.11 06:00FLASH編集部

美川憲一、どん底から救ってくれた仏師と再会「龍神様のお導き」

 

 いまでこそ知らぬ者はいない国民的歌手美川憲一(74)。しかしその人生は、山あり谷ありだった。デビュー直後から『柳ヶ瀬ブルース』『新潟ブルース』で人気となるも、1972年発売の『さそり座の女』以後はヒット作に恵まれず、1980年代の前半は歌手人生のどん底にあった。

 

 そんな美川が、北海道夕張市でチャリティショーに出演したときのことだ。美川の苦境を知り、食事や移動の手配など、陰に陽に美川を助けた男性がいた。

 

 

 その男性の名は、宇都宮秀雲さん(84)。世界最大の青銅製の仏像である、茨城県の牛久大仏の原型を台湾で製作し、世界遺産であるインカ帝国の遺跡修復などを手がけてきた、日本有数の仏師・彫刻師だ。

 

 2人は北海道でたびたび顔を合わせていたが、歳月を経るとともに、いつしか関係も途絶えていた。そんな2人が、このたび誌面で、38年ぶりに奇跡の再会を果たした。

 

宇都宮秀雲さん(以下:秀)「共通の友人を介して、当時、札幌で最大だった『エンペラー』というキャバレーで紹介されたのが最初でしたね」

 

美川憲一(以下:美)「私、あのころは、地方のスナックやキャバレーで営業していたのよ」

 

秀「私はインドでの修行から帰ったばかり。当時、炭鉱の町から観光の町へのシフトチェンジを図っていた、夕張の町おこしをボランティアで手伝っていました。

 

 夕張では1981年に93人もの方が亡くなった『北炭夕張新炭鉱ガス突出事故』があって、みんなが打ちひしがれていました。それで、友人の声かけでチャリティショーを開き、美川さんに来てもらおうということになったんです。美川さんの人柄と美声にふれて、みんな涙を流すほど感動していましたよ」

 

美「あのとき、先生がショーのために動いてくれたんですよね。ありがたかったです」

 

秀「必ず大物になる人だと思っていたからね。初めて会ったとき、“龍の波動” を持っていると感じた。龍の瞳というのは、鋭さのなかにも優しさがある。美川さんの目も、それとまったく同じなんです」

 

美「私も先生と初めてお会いしたとき、『強面だけれど、優しくて神々しい目を持つ人だな』と感じていました」

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入