最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

井ノ原快彦、映画撮影中のハプニング連発で「5~6回フラれた」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.07 18:00FLASH編集部

井ノ原快彦、映画撮影中のハプニング連発で「5~6回フラれた」

 

 V6井ノ原快彦が、11月7日におこなわれた映画「461個のおべんとう」の公開記念舞台あいさつで、撮影中の思い出を振り返った。

 

 高校生の息子を持つ父親が、3年間弁当を作り続けたという実話をもとにした作品。息子役として出演した関西ジャニーズJr.の道枝駿佑とともに親子を演じた。

 

 

 18歳の道枝の体の成長を、撮影中に実感することがあった。

 

「ご飯を食べに行くシーンで、猫背でぎこちなく歩いてもらってた。1カ月の間に身長が伸びてたそうで、『デカくなった』と聞いてたけど、(道枝の役柄上)猫背にしてたところが妙にリアルでした」

 

 阿部純子演じた役から、井ノ原がフラれるシーンでは珍ハプニングが連発したという。

 

「井ノ原さんを振るシーンで、2~3ページぶんのセリフを一気に撮る手法を使ったのに、カラスや車の騒音が入ったりして何度もNGが出て、結局5~6回はフりました」(阿部)

 

 井ノ原も「何回もやり直したよね。うまくいった! と思ったらそばを通った一般のかたがカメラ目線を向けてNGだったり。5~6回もフってもらえて光栄でした」と苦笑いを浮かべた。

 

 道枝と親子役を演じるにあたり、撮影前からタメ口で話す仲のよさを作っていった2人。舞台あいさつで、道枝は「本当の親子のように接してくれてありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

 

 井ノ原も、道枝の言葉に感極まりつつ、感謝の言葉で返した。

 

「映画の撮影が終わってからも、取材や番組出演で一緒に仕事してて、撮影中より距離が近づいて、息子の友達みたいな気持ちになれた」

 

 2人の自然な関係が、映画でも発揮されている。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入