最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

名曲散歩/中村あゆみ『翼の折れたエンジェル』イオンで知った歌う喜び

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.15 16:00FLASH編集部

名曲散歩/中村あゆみ『翼の折れたエンジェル』イオンで知った歌う喜び

 

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。

 

お客さん:お、このイントロは、中村あゆみの『翼の折れたエンジェル』。キュートな笑顔とハスキーボイスのギャップがよかったよねえ。

 

 

マスター:1985年、サードシングルとして発売されて大ヒット、65万枚を売り上げた。デビューからたった8カ月で、ロック系アイドルの頂点に立ったんだ。

 

お客さん:日清カップヌードルのCMにも起用されたよね。

 

マスター:そうそう。ただ、中村あゆみはもともと実業家になるのが夢で、明大中野高校夜間部に通っていたときも、昼間は毛皮や貴金属を販売する会社に勤めていた。販売成績はトップクラスだったそうだよ。

 

お客さん:歌手になるつもりはなかったんだ。

 

マスター:そう。「もし曲が売れたら、将来会社を興すときの資金になりそう」くらいの気持ちだったという。『翼の折れたエンジェル』がヒットしたときも、曲のよさがわからないから、何の感情もないまま歌っていたんだって。

 

お客さん:意外だなあ……。僕らのハートにはビンビンに響いていたのに。

 

マスター:そして時は流れる。1998年以降、出産などで音楽活動を一時休止していたんだけど、離婚してシングルマザーになり、2004年に復帰するんだ。

 

お客さん:シングルマザーは大変だよな。

 

マスター:そのときはシンガーとして路上で歌ってでも子供を育てていく覚悟ができていた。そこで、「いま、中村あゆみを求めている層はどこにいる?」とマネージャーと相談したときに浮かんだのがイオンだった。

 

お客さん:イオンってあのショッピングモールのイオン?

 

マスター:そう、今でこそ多くのアーティストが活動の場にしているけど、その走りだったという。生の観客の前で歌うことで、デビュー当時の環境がいかに恵まれていたかを知り、はじめて歌を歌う喜び、ありがたみがわかったという。

 

お客さん:経験を重ねるごとに、考え方も気持ちも変わっていくんだなあ。

 

 おっ、次の曲は……。

 

文/安野智彦
『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中

 

参考:BS12『スナック胸キュン1000%』(2020年8月30日)/『昭和40年男』2011年春号(クレタパブリッシング)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入