最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

デーモン閣下、コロナ禍でライブに新手法「観客と動画を見てトーク」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.16 20:14FLASH編集部

デーモン閣下、コロナ禍でライブに新手法「観客と動画を見てトーク」

 

 デーモン閣下が、11月16日に開かれた「新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備える『上手な医療のかかり方』特別対談イベント」で、コロナ禍における生活の変化を語った。

 

 自身が所属するロックバンド「聖飢魔II」は、コロナで大打撃を受けた。

 

「(春先の)当初は、公演が軒並み延期や中止になって、春先から夏にかけたころになると、『秋になればできるかもね』と話があったけど、結局、夏の到来前に『秋も無理だ』となって」

 

 

 当初、10月から各地を巡行するライブツアーを予定していたが、流れてしまう。観客数の縮小も考えたが、スタッフの雇用を踏まえ、新たな手法を導入した。

 

「昼と夜で半分ずつお客を入れて、事前に撮影した動画を見る形式にしました。我々メンバーは演奏せず、トークをする。意外と評判よくて、『これ新しいやり方だね』となってるんですよ」

 

 音声スタッフや照明スタッフにもコロナ以前と同様に協力してもらい、彼らの雇用を維持した。だが、自身は多少不満げだ。

 

「いつまでこの状態なんだろう、と思うことがある。ロックじゃなければ観客入れても大丈夫なことになってるが、ロックは声出してナンボ。お客さんもフラストレーション溜まるのがよくわかってて、『んー!』と我慢してる。ゲラゲラ笑ってたら、『声出すな!』とイジったり(笑)。来年どうなるのかなぁ……」

 

 イベントでは、自身の目元が描かれたオリジナルフェイスシールドを身につけ、「(コロナの状況を)逆手にとった。これをできるのは我が輩だけ(笑)。写真でどう写ってるんだろうね」と、ポジティブ思考だった。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入