最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

吉岡里帆、母親役を演じるため育児ブログに夢中「たくさん読んだ」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.21 20:00FLASH編集部

吉岡里帆、母親役を演じるため育児ブログに夢中「たくさん読んだ」

 

 女優の吉岡里帆が、11月21日に開かれた映画『泣く子はいねぇが』公開記念舞台あいさつで、育児への思いを語った。

 

 秋田県のなまはげをテーマにした作品で、吉岡は、だらしない夫と娘を持つ妻を演じた。

 

「出産経験がなく、わからないことも多かったです。ただ、娘役の女の子が役者ではなく地元の子で。自然体でいてくれて、『子供ってこんな感じなんだ』と思わされました。はじめはなかなか笑ってくれなくて、どう笑わせよう、喜んでもらえるのかと思って、変顔とかしてました(笑)」

 

 

 母親を演じるにあたり、世のママのリアルな声に触れたという。

 

「育児ブログや、SNS上にあった子育て日記を読んだりしてました。子供のリアクションが面白いとか、どんなケアをしてるかなど書かれていて、たくさん読んで面白かったですね」

 

 ローカルな話題を題材にした作品にちなみ、京都出身の吉岡は地元のよさを語った。

 

「観光地が激近なところ。遠出しなくても、家族とちょっと足を伸ばしたら嵐山に行って、渡月橋を渡ってボートに乗ったりして、観光を味わえる。どこにいっても賑やかで、街の人が観光地である誇りを持ってる。人に来てもらいたいし、招き入れる態勢がありますね」

 

 だが、今年はコロナ禍で街並みに違和感を覚えたという。

 

「コロナで海外の方も減っているからか、このあいだ久しぶりに帰ったら、違う景色のように感じたんです。観光客で、街が彩られていたんだと実感しました」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入