最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1590号
2月9日号
1月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

本木雅弘、コロナ禍で漏れでる美しいエピソードに「人間って切ないなぁ」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.23 19:45FLASH編集部

本木雅弘、コロナ禍で漏れでる美しいエピソードに「人間って切ないなぁ」

 

 俳優本木雅弘が、11月23日におこなわれた「GQ MEN OF THE YEAR 2020」で、コロナ禍での育児を振り返った。

 

 アクター・オブ・ザ・イヤーを受賞し、感慨深い。

 

「大変光栄とともに、気恥ずかしさもある。今年1年、表のステージに出てこなかったし、(同席したSixTONESなど)若い人も多くてソワソワしてます(笑)」

 

 

 大河ドラマ『麒麟がくる』で斎藤道三を演じ、新たな自分に挑戦できたという。

 

「自分とかけ離れた、悪役めいたものを演じましたが、発見もありました。役の幅を広げるいい物語に出会えたと思います」

 

 来年以降も、役者として邁進していく気概を見せた。

 

「コロナで劇的なことが続いてますが、ささやかな美しいエピソードがニュースから漏れ聞こえたりしてきて、人間って切ないなぁと。

 

 リアルな物語が発掘されると思うので、それで演じる機会をもらえたらいいですね。演じることでしか恩返しできないので、祈るような気持ちでできたら」

 

 10歳の次男は、コロナ禍でも元気いっぱいの日々を送っていたという。

 

「不自由な時間を過ごしたからこそ、できたこともある。たわいもない日常が尊いものだと感じました。次男はとてつもないエネルギーがあふれていて、どう発散させるか考えましたが、(外に出させて)道端で遊ばせたら喜んでたので、ふだんは味わえないことだと感じましたね」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入