最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ミス東大・神谷明采、特技は新体操「柔らかすぎる体」の文科Ⅱ類1年生

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.11.28 16:00FLASH編集部

ミス東大・神谷明采、特技は新体操「柔らかすぎる体」の文科Ⅱ類1年生

2020年は東大・駒場祭から場所を移しておこなわれた。恒例のウエディングドレス姿で笑顔

 

 新型コロナウイルス感染対策のため、一席ごとに間隔を取った、まばらな客席。東京・有楽町のヒューリックホール東京のステージで、神谷明采さん(20)は「大丈夫!」と自分に言い聞かせていた。

 

 特技披露タイムで演じたのは、小さいころから習ってきた新体操。華麗にリボンを操り(下の写真)、自慢の身体の柔らかさを披露すると、客席から拍手が沸き起こった。

 

 

「高2で新体操部を引退してから、久しぶりの舞台でした。『失敗したらどうしよう』としか考えられなかったですが、大きな失敗もなく安心しています」

 

 11月15日におこなわれた「ミス&ミスター東大コンテスト2020」で、神谷さんはファイナリストの中から、グランプリの栄冠を勝ち取った。

 

「会場に両親、姉妹、祖父母、従妹など親族が大集合でした。前日は姉とハリーポッターを見てました。夕飯の鯖カレーが辛くて食べれなくて、そのまま父に渡したり(笑)」

 

 家族に支えられた神谷さんだが、コンテスト期間中にはSNSで運営団体によるセクハラ・パワハラを訴え、出場辞退を考えたこともあった。

 

「候補者10人で話し合い、運営と話し合い、何十時間と話し合いを続けて、コンテスト出場を決めました。『私の発言で、よりよい環境を後輩たちに作ることができたら本望だな』と思いました」

 

 最後に神谷さんに「今年の漢字」を聞くと、こんな答えが。

 

「私の2020年の漢字は、『変』です。何もかもが変わった。ミスコンに出るなんて、考えてこなかった。安定した生活を志望してきた。それってある意味、自分の選択肢を狭めてきた。新しいことに挑戦する、自信がつきました」

 

 ミスコンの歴史は、学生が自分で変える。

 

写真・惠原祐二


(週刊FLASH 2020年12月8日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入