最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

名曲散歩/八代亜紀『舟唄』元は美空ひばりに書かれた歌

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.12.05 16:00FLASH編集部

名曲散歩/八代亜紀『舟唄』元は美空ひばりに書かれた歌

 

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。
今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。

 

お客さん:お、このイントロは八代亜紀の『舟唄』。マスター、つまみに炙ったイカをちょうだい。

 

 

マスター:あいよ、お酒はぬるめの燗でいいかな? この『舟唄』、本当は作詞家の阿久悠が、美空ひばりに向けて書いた曲だって知ってる?

 

お客さん:昭和の歌姫・美空ひばりに?

 

マスター:実は阿久悠、スポーツニッポンで「実戦的作詞講座」(1976年)という連載をしていて、教材として『舟唄』を書いたんだ。

 

お客さん:美空ひばりを想定してだね。

 

マスター:実は2人の接点はほとんどなかった。けれど、阿久悠は同い年の大スターを猛烈に意識していたようだ。かたや日本を代表する流行歌手、かたや淡路島生まれのまだ無名の青年。

 

お客さん:雲の上って感じだね。

 

マスター:のちに作詞家になった阿久悠は、自ら掲げた「作詞家憲法15条」の最初にこう書いている。「美空ひばりによって完成したと思える流行歌の本道と、違う道はないものであろうか」

 

お客さん:完全に意識しているね。

 

マスター:結果、この歌は美空ひばりではなく、巡り巡って1979年、八代亜紀が歌うことになった。八代亜紀は歌詞を読んだ瞬間、ヒットを確信したという。

 

お客さん:八代亜紀のあの声質じゃなきゃ、『舟唄』とはいえないよな。

 

マスター:阿久悠は著書のなかで、この歌を歌う八代亜紀は絶品だ、としながらも「ふと、美空ひばりが歌ったらどうなっていただろうかと、頭をよぎることがある」と書いている。

 

お客さん:もし美空ひばりと阿久悠が本格的にタッグを組んでいたら、どんな名曲が生まれただろうね。

 

 おっ、次の曲は……。

 

文/安野智彦
『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中

 

参考:阿久悠『愛すべき名歌たち 私的歌謡曲史』(岩波書店)/阿久悠『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』(新潮社)/BSテレ東『昭和歌謡 不滅のヒット誕生秘話パート3』(2020年10月18日)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入