最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

チョコプラ松尾、ロボット役の声優に挑戦「心を捨ててスベリまくった」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.12.08 16:00FLASH編集部

チョコプラ松尾、ロボット役の声優に挑戦「心を捨ててスベリまくった」

 

 お笑いコンビ・チョコレートプラネット松尾駿が、12月8日におこなわれた映画『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』公開直前イベントで、役作りについて語った。

 

 本作は、キアヌ・リーブス主演のコメディ映画。キアヌのものまねをした相方の長田庄平ともに、松尾はIKKOに扮してイベントに登場し、ネタを披露した。

 

 

「キアヌからインスタでDM(ダイレクトメッセージ)が来てて『まぼろし~』! 返信してキアヌと仲よくなったの」

 

 IKKOから見れば、本作のテーマは「美容」だという。
「出演されてるみんな、お肌がツルツルで……。裏テーマがあって、『肌の綺麗な人しか出さない』となってるの。美肌で世界を救え! 全体的におバカな感じで楽しく笑えるので、年末にぴったりな作品ですね」

 

 松尾は、本作でロボット役の声優を務めた。
「洋画の吹き替えは初めてだったので、大変なこともありましたが、楽しかったです。一言二言くらいだと思ったら、意外と重要な役でビックリしましたね」

 

 役作りのため、ロボットになりきる生活を心がけていたという。
「収録に挑むまで、心を捨てた、無機質な生活してました。そのせいか、(収録を終える日まで)感情を入れられなくてスベリまくってました」

 

 長田が「心がないなと思ってた」と納得するほど、役作りに専念していたのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入