最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『ちびまる子ちゃん』ナレーターを引退・キートン山田が語っていた「004」への情熱

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.12.08 16:20FLASH編集部

『ちびまる子ちゃん』ナレーターを引退・キートン山田が語っていた「004」への情熱

 

 12月5日、声優のキートン山田(75)が、2021年3月をもって引退することが明らかになった。1990年にスタートしたテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、第1回から一貫して務めてきたナレーションも、3月で卒業となる。

 

 

『ちびまる子ちゃん』での語り口から、飄々としたイメージを抱かれがちなキートンだが、その演技の幅は広く、50年の声優キャリアのなかで、さまざまなキャラクターを演じてきた。なかでも『ちびまる子ちゃん』と並ぶ彼の代表作とされるのが、1979年から放送された『サイボーグ009(テレビシリーズ第2作)』(テレビ朝日系)だ。

 

『サイボーグ009』は、これまでに何度かアニメ化されているが、このテレビシリーズ第2作は非常に完成度が高く、第二次ベビーブーム世代が視聴者の中心だったこともあり、ファンの多い作品だ。

 

 このころ、本名の「山田俊司」の名で活動していたキートンは、旧東ドイツ出身で全身を兵器に改造されたサイボーグ「004:アルベルト・ハインリヒ」を好演。圧倒的な戦闘力と、クールさと情熱を合わせ持ったキャラクターで、当時の小学生たちには主役の「009」以上の人気を博す存在となった。

 

 のちに作られた劇場版(1980年)では、テレビシリーズ以上に重要な役どころとなっている。

 

 キートン自身も、このキャラクターには強い思い入れがあったようだ。2001年、本誌記者は『ちびまる子ちゃん』収録現場の取材で、キートン自身にインタビューする機会があった。本来ならば、「まる子」の話をまず聞かなければいけないのだろうが、「004」の大ファンだった記者は、開口一番、思わずこう話しかけた。

 

「キートンさんといえば、いまや『ちびまる子ちゃん』のナレーションの人、といわれることが多いかと思いますが、僕にとっては永遠の『004』なんですよ!」

 

 すると、彼は満面の笑顔でこう答えてくれた。

 

「おー、そうか! 嬉しいなー。じつはね、この間、井上和彦(主役の『009』を演じた声優)とちょうど飲んでね、『またみんなであれ、やりたいねー』なんて話していたところだったんだよ!」

 

 アニメ終了から20年以上たっているのにもかかわらず、である。あまりの反応に、こちらも大喜びしてしまった。そこからは真面目に、『ちびまる子ちゃん』についてインタビューさせていただいたが、「また(『004』を)やりたい」という彼の言葉は、作品への強いこだわりを感じさせてくれた。

 

 アニメに最終的に命を吹き込む声優は、子供たちに想像以上の影響を与えるもの。レジェンド級の演者がまたひとり、現役を去っていくのは残念でならない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入