最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

千原ジュニア、バイク事故で医師から「フルフェイスだったら即死」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.01.05 16:00FLASH編集部

千原ジュニア、バイク事故で医師から「フルフェイスだったら即死」

 

 千原ジュニアが、1月2日公開のYouTubeチャンネル『街録ch』の動画で、2001年に起きた即死寸前のバイク事故について語った。

 

 ジュニアは「25~26(歳)とか、仕事がちょっとずつ入ってきて、レギュラー番組も何本か持ち出した頃に、事故ってん」と回想。「3月26日に、天気エエなぁって冬用のフルフェイス(ヘルメット)と、春夏用の半キャップとあって。暖かくなってきたし」と半キャップでバイクに乗ったという。

 

 

 事故に遭い、ジュニアは医師から「半キャップじゃなかったら、顔面無傷でした。でも、首に全部衝撃が来て、死んでたかも」と告げられたことを明かした。

 

 ジュニアの衝撃的な発言にYouTubeのコメント欄にはさまざまな意見が寄せられた。

 

《事故の時にも思ったけど、生きていて良かった。ジュニアさんをTVで見かける度にそう思います》

 

《大阪時代とは別人なのは事故のせいなんだろうか ビートたけしも》

 

《ジュニアさん、脊椎損傷しなくてよかったですね》

 

「同動画で、ジュニアさんはリハビリに励んだことをコメントしています。食事も当初は豆腐などしか食べられず、身長180cmながら体重は40kg台だったそうです。そのため『貧血で倒れて、シャワー浴びながら、2時間半ぐらいもう動かれへんねん』と回想。そこで後輩たちがシフトを組んで、入浴もサポートしてくれたそうです」(芸能ライター)

 

 事故により、周囲に支えられていることを自覚し、ジュニアは人間的にも変化していったのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入