最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1625
12月7日号
11月16日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

名曲散歩/平尾昌晃・畑中葉子『カナダからの手紙』なぜカナダになったのか

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.01.10 16:00FLASH編集部

名曲散歩/平尾昌晃・畑中葉子『カナダからの手紙』なぜカナダになったのか

畑中葉子

 

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。
今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。

 

お客さん:お、このイントロは平尾昌晃・畑中葉子の『カナダからの手紙』。デュエットソングの定番中の定番!

 

 

マスター:1978年にリリースされて、オリコン1位にも輝き、70万枚を売り上げた名曲だね。

 

お客さん:ところで、なぜカナダだったの?

 

マスター:もともと平尾昌晃が編曲家協会主催の「空の音楽祭」に出品した作品で、「空の~」だから外国旅行をテーマにした。若者に「どこに行きたいか?」をアンケートしたところ、カナダが圧倒的1位だったから、作詞家の橋本淳がその曲に『カナダからの手紙』とタイトルをつけ、詞を書いたという。

 

お客さん:アンケート結果だったのね。

 

マスター:ただ、橋本淳の記憶は違っていて、「たまたまカナダにスキーに行きたくてパンフレットを見ていたら詞を思いついた」と語っている。

 

お客さん:だいぶ前だから記憶がすれ違うこともあるよね。

 

マスター:いずれにしてもカナダを題材にした名曲が完成したわけだ。

 

お客さん:ところで、なぜ相手に畑中葉子が選ばれたの?

 

マスター:畑中葉子はもともと八丈島出身の歌手を目指す少女だった。中学のとき、父親が経営する会社が東京都心に進出することを機に、家族で中目黒に移り住んだ。

 

お客さん:ほうほう。

 

マスター:で、なんとそのマンションの2つ隣の部屋に住んでいたのが、平尾昌晃だった!

 

お客さん:えーっ!

 

マスター:畑中の父親が日本酒をもって訪ね、娘の思いを伝えると、「そんなに歌手になりたいのなら、うちの歌謡教室でレッスンしてみたら?」ということで、平尾昌晃歌謡学校(現・平尾昌晃ミュージックスクール)に入ることになった。

 

お客さん:偶然というのは恐ろしいもんだね!

 

マスター:そして高2の終わりごろ、『カナダからの手紙』のオーディションがあり、教室の生徒6人のなかから見事、選ばれ、この年の紅白歌合戦にも出場した。

 

お客さん:ただ、その後、畑中葉子はセクシー路線に転向するなどいろいろあったよね……。

     
 おっ、次の曲は……まさかの畑中葉子『後から前から』!!

 

文/安野智彦
『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中

 

参考:平尾昌晃『昭和歌謡1945〜1989』(廣済堂新書)/『昭和40年男Vol.41』(クレタパブリッシング)/ 『朝日新聞』(2017年6月17日)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入