最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

門脇麦、両親がロケ現場に「ヤッホー!」…もう慣れました(笑)

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.15 23:02FLASH編集部

門脇麦、両親がロケ現場に「ヤッホー!」…もう慣れました(笑)

 

 2月15日、映画『あのこは貴族』の公開直前イベントが都内でおこなわれ、女優門脇麦らが出席した。

 

 山内マリコ原作の同名小説を実写化した本作では、まったく境遇の異なる2人の女性が出会うことで、新しい世界が拓かれていく様子を描き出している。門脇は、主人公の箱入り娘・華子を演じている。

 

 

 役作りについて聞かれた門脇は、「物語冒頭の華子には、自我と意思がさほどないことを強く印象づけたかったので、なるべく印象に残らない衣装、個性が出ない衣装にこだわりました」と語った。

 

 共演者の知られざる一面を紹介する場面では、共演の石橋静河から「門脇さんは家族想い」と明かされた。

 

 門脇は両親が撮影現場を訪れたエピソードに触れ、「うちの両親、すぐ来るんですよ。地方ロケとかしてても、すぐ来るんですよね。その日も、差し入れにケーキ焼いてきたとか言って」と照れながら語る。

 

「両親参観感しかないんですけど、やっぱり慣れました。飛行機でしか行かないところにも、無断でというか、私になんの連絡もなく『ヤッホー!』みたいな感じで来て……」

 

 撮影のため、上流階級の所作を学んだという門脇。「紅茶の飲み方はユーチューブを観ました。紅茶の(カップの)輪っかに指を入れちゃいけないんですよ。つままないといけないんです。勉強になりました」と笑った。

 

 イベントの最後、門脇は「この映画は、人類愛の物語だと思います」とまとめる。

 

「みんな自分自身を『こうやって生きなきゃいけない』『私はそうやって生きるべきではない』と、なんとなくレールを決めがちですが、『そんなことないよ。あなたにはもっと素敵なところとか、愛らしいところもあるんだよ』と教えてくれる、“人生賛歌” のような映画だと思っております」とメッセージを伝えた。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入