最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1627号
12月21日号
12月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月7日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『ビー・バップ・ハイスクール』のヒロシが闘病告白「膵臓に穴が空き余命1カ月で…」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.17 16:00FLASH編集部

『ビー・バップ・ハイスクール』のヒロシが闘病告白「膵臓に穴が空き余命1カ月で…」

 

 1985年に公開された映画『ビー・バップ・ハイスクール』。『週刊ヤングマガジン』の人気連載漫画を実写化した同作は、大ヒットを記録し、日本全国のヤンキーを熱狂させた。6本のシリーズ作品となった名作映画の誕生から35年が過ぎ、“ビー・バップ軍団” は、どんな大人になっているのだろうか。

 

 

 まずは、『映画「ビー・バップ・ハイスクール」血風録 高校与太郎大讃歌』(辰巳出版)著者の名和広氏に、その魅力を聞いた。

 

「出演者が、一般公募された本物のヤンキーだったというのは、インパクトがありましたね。ヒロシ役の清水宏次朗さんは、すでに俳優として活躍中でしたが、トオル役の仲村トオルさんや愛徳一家のメンバー、各作の敵キャラは、ほとんどがオーディションで選ばれた若者たち。作品が進むにつれ、彼らの演技が洗練されていくんです。

 

 第4作『高校与太郎狂騒曲』で、トオルが真面目な学生を装い、ダブルデートをする場面があるんですが、饒舌にしゃべっていたトオルが、女のコから進学について聞かれると、『心臓が弱くサナトリウムに入っていて1学年遅れた』と言い訳します。

 

 この棒読みのような台詞回しは、遊び心の一環。1作めでは、こんな余裕を持った芝居はできなかった。役者の成長までも撮影した、稀有な作品ですね」

 

「愛徳の加藤」こと、ヒロシは強烈なハマリ役だった。しかし清水宏次朗さん(56)は、原作漫画も読んだことがなかったという。

 

「最初は、教師役だと思ってオーディション会場に行ったら、剃り込みがすごいのとか、パンチパーマとか、バカばっかりいるじゃん(笑)。

 

『コイツらの教師役は大変だなあ』と思ってたら、ヒロシの役に決まったんだけど、よくわかっていなかった。『僕は何役なんですか?』って聞いたら『お前、ビー・バップ読んでねえのか!』って怒られて(笑)」

 

 撮影中はトラブルが日常茶飯事だったという。

 

「助監督とか制作のコたちって、立場的には自分が上だと思ってるから、出演者に対しては『使ってやってんだ』くらいの感覚じゃない。そりゃ反発するよ(笑)。

 

 ボッコボコにやられたスタッフが俺に泣きついてきたので、不良連中に『向こうは真面目くんなんだから、やめちゃうかもしれないだろ』とか言ってたら、本当にスタッフ3人ぐらいが故郷に帰っちゃった(笑)」

 

 シリーズ全作を監督した那須博之氏も、バリバリの武闘派。走行中の電車から飛び降りる、ボタ山の頂上から車椅子に固定されて落ちる、巨大風船に乗せて飛ばされるなど、強烈なアクションシーンは今でも伝説になっている。

 

「那須さんはヒステリックでドSだから、無茶苦茶なことをさせるわけよ(笑)。いちばん無茶苦茶だったのは6作めの『完結篇』。

 

 最後、スケートリンクで撮影だったんだけど、俺がパラシュートで降りてくるクライマックスで、氷の下にシャチを入れて、ぶち破って出てくるってのをやりたいって真顔で言うんだ。『シャチがヒロシに襲いかかるから、それを倒すんだ!』って、無理に決まってんだろ(爆笑)。

 

 車椅子に固定されてボタ山から落とされたときも、4回めの転倒で肩を脱臼して救急車で運ばれて、痛み止めを打って現場に戻ったら『撮影続行』って言うんだから。役者を人間だと思ってないからね(笑)。最後のシーンの撮影が終了したときに、みんなで監督を抱え上げて、真冬の海に放り込んでやったよ(笑)」

 

 以後もVシネマや映画、ドラマなどで活躍した清水さんだが、2010年ごろから不安障害、アルコール依存症などに起因する原因不明の体調不良に悩まされた。

 

「4年前、病院に行ったら腹水が5リットル以上溜まってて、いろいろ検査したら『膵臓に穴が開いてる』って言われて即入院。手術しないで、パイプを通して穴を塞いだんだよ。医者が『このままの生活してたら余命1カ月だね』って言うからふざけんなよって思ってね。

 

 でも、半年入院のはずが1カ月半で退院できた。医者は奇跡だって言ってたよ。肝臓の数値も引っかかってたからね。全部、原因は酒なんだよね。今は、嗜む程度ってことで(笑)」

 

 現在は活動再開に向けて、ユーチューブなどを始めた。

 

「まずは体を治すのが一番。それと春くらいにテル(白井光浩さん)の作る作品に出るってこと。

 

 あとは『もう一回、歌ってほしい』って声が、けっこうあるんですよ。10年前に30周年のツアーをやったから、また近い将来、ライブなんかもやろうって話してます」


しみずこうじろう
1964年11月10日生まれ 東京都出身 1981年に歌手としてデビューし、1985年からの『ビー・バップ』シリーズの加藤浩志役で大ブレイク。その後も俳優、歌手として活躍。公式ツイッターは@shimizukojiro、公式YouTubeは『清水宏次朗チャンネル』

 

(週刊FLASH 2021年2月16日号)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入