最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1600号
4月27日号
4月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月9日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

坂本冬美、桑田佳祐に送った「30年越しのラブレター」芸能生活35周年の“名曲誕生秘話”

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.27 06:00FLASH編集部

坂本冬美、桑田佳祐に送った「30年越しのラブレター」芸能生活35周年の“名曲誕生秘話”

 

「好きな歌手は、石川さゆりさんとサザンオールスターズ」

 デビュー当時、坂本冬美(53)のプロフィル欄には、そう記されていた。

 

「中学のとき初恋の人だった山本くんが聴かせてくれたのが、サザンオールスターズだったんです。それまでは石川さゆりさんひと筋でしたけど、夢中になって聴いていました」

 

 

 演歌とポップスの違いはあるが、所属する世界は同じ。いつかは、会うチャンスだってあるはずだ。そう思いながら、坂本冬美は、その日が来るのを待ち続けた。

 

「頑張って歌い続けていれば、いつか桑田さんともお会いできて、ひょっとしたら曲だって作ってもらえるかもしれない……なんて思っていたんです」

 

 しかし、点と点は一度も重なることがなく、気がつくと30数年の月日が流れていた。初めて会うことができたのは、2018年の『NHK紅白歌合戦』のとき。

 

「リハーサルで桑田さんをお見かけして、『あっ、桑田さんだ!』と、小さく叫びながら駆け寄り、『ファンなんです、握手してください』と。もう思いきり、中学生のころの少女に戻っていました(笑)」

 

 これまでの人生で、坂本冬美自らが決断し、行動を起こしたのは3度しかない。1度めは、デビューのきっかけを掴んだNHKの『勝ち抜き歌謡天国』に出場したとき。2度めは、父を不慮の事故で亡くしたことがきっかけで、心身ともにボロボロになり一度、表舞台から退いたとき。3度めは、もう一度、歌を歌うと覚悟を決めたときだ。

 

「男勝りで、どんどん自分で決めて……というイメージがあるみたいですけど、実際は真逆。『どう?』と言われて、『あっ、やってみようかな』みたいな(笑)。振り返ると、ほとんどの場合がそうなんです」

 

 忌野清志郎、細野晴臣との音楽ユニット「HIS」や、大ヒット曲となった『また君に恋してる』、そして、さくらももこ作詞・宮沢和史作曲、坂本冬美歌唱の『花はただ咲く』も、坂本冬美に “音楽の神様” がくれたプレゼント。突然、天から舞い降りてきた、最高の贈り物だった。

 

「皆さんには、声をかけていただいてありがとうございますって言うしかありません。本当に感謝、感謝、感謝です」

 

 そんな坂本冬美の心に再び灯った小さな炎。きっかけは、芸能生活35周年に向けて「何かやりたいことはない?」という、スタッフからのひと言だった。「ない……」と言いかけた口が止まった。いや、ある。

 

「ひとつだけ、あります。桑田さんに曲を書いてほしい!」

 坂本冬美は心の叫びを口に出していた。

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入