最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

坂本冬美、桑田佳祐に送った「30年越しのラブレター」芸能生活35周年の“名曲誕生秘話”

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.27 06:00FLASH編集部

坂本冬美、桑田佳祐に送った「30年越しのラブレター」芸能生活35周年の“名曲誕生秘話”

桑田が坂本に提供した『ブッダのように私は死んだ』

 

「その瞬間、みんな言葉にはしませんでしたけど、目が『それは……無理だよ』と言ってました(笑)。でも、無理を承知で、手紙を書いてみようということになって」

 

 まずは、鉛筆で下書き。何度も何度も書き直し、次は筆に替え、そこでもまた、何度か書き直した。

 

「失礼なことを書いていないか? 言葉遣いを間違えていないか? 読み返しては直しての繰り返しで、封をする瞬間は、もう心臓がバクバクしていました」

 

《――はじめまして、演歌歌手の坂本冬美と申します。》

 そんな書き出しで綴った “ラブレター” は、溢れるような想いが綴られ、最後は《曲を書いていただけませんでしょうか》という言葉で締められていた。

 

「『スタジオにいらしてください』というお返事をいただいたのは、それから数カ月後です。その時点では、『きっと、お断わりされるんだろうな』と思っていたんです」

 

 そう思ったのも無理もない。それまでの23年間、桑田佳祐は、どのアーティストにも楽曲を提供してこなかったのだ。

 

「そう思いますよね。ところがです。『お忙しいなか時間を作っていただきありがとうございます。お返事が遅くなってすみません』と丁寧なご挨拶のあと、『こんなものを書いてみたんですが、どうでしょう?』と、おっしゃりながら出してこられたのが……」

 

 桑田佳祐が坂本冬美のために作った曲『ブッダのように私は死んだ』だった。

 

「後で伺ったところによると、桑田さん流のサプライズだったんですが、私はそれどころじゃなくて、ずっと頭の中がぐるぐるしっぱなしでした」

 

 かつて坂本冬美は、「私にとって『夜桜お七』を超える情念的な歌は、もうないと思う」とまで話していた。だが今回、運と縁とタイミングが重なり、桑田佳祐によって、その殻が打ち破られたのだ。

 

「これまでの私は、この歌を歌うためにあった。階段をひとつずつ上がってきて、辿り着いた先に、この歌が待っていたと思っています」

 

「作詞・作曲桑田佳祐」と記されたCD『ブッダのように私は死んだ』を手にした坂本冬美は、満面の笑みを浮かべながら、こう言い切った。

 

「時代を超えて歌い継がれる歌になるよう、一回一回、心をこめて歌い続けていきます」

 

さかもとふゆみ
1967年3月30日生まれ 和歌山県出身 1987年『あばれ太鼓』でデビュー。『祝い酒』『夜桜お七』など数多くのヒット曲を持ち、『また君に恋してる』は社会現象にもなった。2020年11月にリリースされた桑田佳祐作詞・作曲『ブッダのように私は死んだ』が大ヒット中。3月15日まで、東京・明治座にて座長公演『坂本冬美芸能生活35周年記念公演 泉ピン子友情出演』を開催中

 

写真・中村功

スタイリスト・小泉美智子

ヘアメイク・岡崎じゅん

着付・斉藤祥江

取材&文・工藤晋

 

※本誌3月30日発売号より、坂本冬美の新連載「坂本冬美のモゴモゴモゴ」がスタート

 

(週刊FLASH 2021年3月9日号)

続きを見る
12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入