最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

中国&カンボジアの新型コロナワクチン事情…ファンキー末吉は「接種して “監視” から逃れたい」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.03.06 06:00FLASH編集部

中国&カンボジアの新型コロナワクチン事情…ファンキー末吉は「接種して “監視” から逃れたい」

 

 日本で医療従事者向けに、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が始まった。だが、供給スケジュールは依然、不透明だ。そのため、1人2回が基本であるワクチン接種を「1回に絞り、より多くの人に接種を進めるべきだ」という声が自民党内で上がり、混乱が広がっている。また、特例承認を受けたワクチンに対して、副反応への懸念を拭えない人も、いまだに多い。

 

 

 海外在住の芸能人は、ワクチンに対して、どんな思いでいるのだろうか? 中国特有の “監視” システムによるコロナ対策について明かすのは、ドラマーのファンキー末吉(61)だ。

 

「スマホ社会の中国では、アプリによって、『いつどこで誰と会ったか』が、政府に把握されています。最初に感染が始まったこの大国が、いち早く封じ込めに成功したのは、プライバシー度外視の “監視” による賜物です。

 

 一方、日本は政府による要請、つまり『お願い』による対処しかできず、国民には拒否する自由があり、プライバシーも認められている。どちらが、国民にとって幸せなことなのか……」

 

 カンボジア滞在中に新型コロナウイルスが発生し、身動きが取れなくなってしまったファンキー。だが、ビザの更新のためにやむを得ず中国へ戻らなければならず、現在、北京で4週間の隔離生活を強いられている最中だ。

 

「カンボジアでは、数カ月前に市中感染が発見され、感染者が訪れたすべての店やショッピングモールが閉鎖されました。中国と同様に “強制” する国です。ワクチン接種で、がんじがらめの生活から逃れられるなら、何がなんでも接種したいです」

 

 事情はさまざまだが、願いは同じ。日本も迷走している時間はない。

 

ふぁんきーすえよし
バンド「爆風スランプ」のドラマー。1995年より北京でプロデューサー、ミュージシャンとして活動中

 

(週刊FLASH 2021年3月16日号)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入