最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月20日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

池田エライザ「私のお色気イメージは虚像」“ガリ勉”女優が苦闘10年で達した境地は?

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.03.27 20:00FLASH編集部

池田エライザ「私のお色気イメージは虚像」“ガリ勉”女優が苦闘10年で達した境地は?

 

「じつは私、“ガリ勉” 気質で(笑)。たとえばファッションは、お仕事を始めたころ、当時の事務所のマネージャーに『お願いだから服について興味を持って』と頼まれて、勉強したんですよ。

 

 あとは、『ブログに上げる写真が不細工過ぎるから、どうにかもっと、かわいい写真を上げて』とも言われましたね。当時、ぎりぎりまでガラケーで粘っていたんですが、そう言われてスマホにして専用アプリを入れて、撮り方を研究しました」

 

 

“ガリ勉魂” が高じて、ティーンの女子ファンたちから「おしゃれのカリスマ」と呼ばれるまでになった池田。しかし新型コロナ感染対策による2度の自粛期間を経て、そのライフワークにも変化が。

 

「コロナ禍でいちばん自分とのあいだに距離ができたものが、SNSをはじめとする、デジタル社会でした。

 

 かつてはSNSでのイメージが自分を形成していて、ネット上での自分の見られ方をすごく大事にしていました。だけど、操作しようとしてもできないし、操作しようとすること自体が間違っていると思うようになったんです。『誤解する人はどうやっても誤解するし、わかってくれる人はいるから、私は職務をまっとうするか』と。

 

 考えてみれば、私の与えられた職業はSNSだけで成立するものでもありません。それで『あれもこれもとやりすぎると、どれも中途半端になるなあ』という思いに至って、もともと自分の本質に近い、文章・映画撮影・芝居というところに戻ってきましたね」

 

 

 SNS上のみならず、“イメージとの戦い” の歴史は、池田の女優人生そのものでもあった――。蠱惑的なルックスとスタイルから、大きな話題を呼んだ映画『みんな!エスパーだよ!』(園子温監督)をはじめ、セクシーな役を演じることも多かった彼女は、世間の評価と現実の自分とのギャップに、悩んだ。

 

「ずっと、その差を埋めようとがんばってきました。自分からも、『本当の私はそうじゃないよ、役のイメージは虚像。責任取れないっすよ。ふだんあんなセクシーな格好する人、おらんやろ』って言ってみたり……。だって映像の中の私は、あくまで『役』ですから。

 

 私は男性に対して “理想の殿方” のイメージを持たないタイプですし、私が演じた役柄のような女性らしさを求められると困ってしまうんです。もちろん仕事ですから、『ちゃんとイメージどおり振る舞ったり、舞台挨拶だからしなやかにしたりしないといけないのかな』と悩んだり、がんばって『私生活は本当にセクシーじゃないんです』と “逆ビジネス” もしました。

 

 でも、もう、あきらめました。お芝居の仕事が始まった瞬間から今までずっと、けっしてギャップを作るためではなく、本気で『役は私じゃない』と言ってきたんですが、どうやっても伝わらないですね……」

 

 10年の戦いを経て、あきらめの境地に達した池田。迷いは、晴れたのか。

 

「正直、今でもめーっちゃ疲れますよ。私にとっては、“勘違いがひとり歩きしている” 状態。日々、どこかで『本当に違うんですよ!』と言いたいと思っています。でもバラエティ番組に出る機会もないですし、伝えるチャンスもありません。うわべだけのガリ勉だったら、映画なんて作れないのに(苦笑)」

 

 公開中の初監督映画『夏、至るころ』には、池田の “自己証明” の思いも込められている。あきらめと苦悩がないまぜになった心境に苛まれ続ける一方、イメージに背中を押された実感もある。

 

「やっぱり現代は情報過多ですし、自分が見たいようにものを見るのは、仕方ないとも思うんです。私のイメージは、その偏見にハマってしまっているのかなと。

 

 でも、イメージのおかげで『VOGUE』(コンデナスト・ジャパン)や『ELLE』(ハースト婦人画報社)のような、ゴージャスな雑誌にも出演させていただけるようになって、両親に喜んでもらえたのも、また事実なんです」

 

いけだえらいざ
24歳 1996年4月16日生まれ 福岡県出身。2009年「第13回二コラモデルオーディション」でグランプリを獲得し、芸能活動を開始。『nicola』『CanCam』の専属モデルを務める。2011年、映画『高校デビュー』で女優デビュー。2015年の『みんな!エスパーだよ!』でヒロイン役が話題に。2021年春以降は出演映画として、『騙し絵の牙』(3月26日公開)、『映画 賭ケグルイ 絶対絶命ロシアンルーレット』(4月29日公開)、『真夜中乙女戦争』 (2022年冬公開予定)が控えている。2018年から『The Covers』(NHK BSプレミアム)のMCを務め、同番組で不定期に歌も披露。3月28日放送回で同番組を卒業する。現在公開中の映画『夏、至るころ』で監督デビュー

 

写真・久保貴弘
スタイリスト・大島陸
ヘアメイク・豊田千恵

 

※池田の映画監督デビュー作『夏、至るころ』が、広島・岡山・沖縄でも公開。詳細は作品ホームページにて
※『The Covers』(NHK BSプレミアム)の池田の最終出演回は、3月28日に放送予定

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入