最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

山田孝之、佐藤二朗の出演オファーに「関西弁じゃなくて標準語でいいなら出ます!」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.04.29 11:00FLASH編集部

山田孝之、佐藤二朗の出演オファーに「関西弁じゃなくて標準語でいいなら出ます!」

 

 4月28日、都内で映画『はるヲうるひと』完成記者会見がおこなわれ、佐藤二朗山田孝之坂井真紀らが出席した。

 

 この作品は「架空の島の売春宿で生きる男女が、生き抜こうともがく闘い」のストーリーで、すでに佐藤が主宰する劇団ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演されている。今回、原作・脚本・監督を務める佐藤が映画化を熱望し、5年かけて完成した。

 

 

 冒頭、佐藤は「今日、妻から『作品の内容を考えて、一切おちゃらけるな!』と言われて出てきましたので、監督らしい感じで進めていけたらと思っています」と神妙に話しだす。

 

 主演の山田孝之は、出演を決めた理由について「脚本を読んで、めちゃくちゃ面白かったのと、(役の)得太がかわいそうで仕方なかったので、誰かが寄り添ってやらないといけないと思って。むろん、二朗さんが監督ということもあります」と話すが、実は一度、オファーを断ったのだという。

 

 その理由は、全編を通して話す必要のあった関西弁で、いくら方言指導がついても、「意識しながらやるには無理だと思ったから」。だが、結果的には標準語でもいいとなってオファーを受けたという。

 

 山田は、関西人の俳優がやるべきだと考えたが、その後、佐藤に「これ標準語じゃダメですか?」と聞いたのだという。佐藤は、「俺、孝之は日本最高峰の俳優だと思っているので、孝之がやってくれるならと設定を書き換えたんです。その代わり、島にいる女郎たちはいろんな方言を使うよう書き換えました。特に真紀ちゃんは大変で、僕の架空の方言で、でも一字一句間違えずに覚えてきてくれたんです」と話した。

 

 坂井は方言について「二朗さんが素晴らしい脚本を書かれたので。最後の語尾を聞くと『あ』なのか『う』なのか『お』なのか違うので、そこにこだわっているのかなと感じ、覚えたいと思いました。すごく覚えにくかったですが、呪文のように覚えました」と微笑みながら答えていた。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入