最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1611号
7/27・8/3号
7月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

井上芳雄、亡き社長の言葉を胸に舞台へ「お前の歌を世の中が必要とする」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.05.13 11:00FLASH編集部

井上芳雄、亡き社長の言葉を胸に舞台へ「お前の歌を世の中が必要とする」

店自慢のシュニッツェルとともに

 

■人生を変えた「小林多喜二」

 

 ミュージカルは、ひとつの作品が幾度となく上演される。井上は『モーツァルト!』を5度、『エリザベート』では、皇太子ルドルフを3度、死神トートも3度演じた。

 

 台詞劇だが、2009年に初演された、井上ひさし氏最後の戯曲、『組曲虐殺』での小林多喜二も当たり役で、3度演じた。井上はこの作品で演技に開眼したという。

 

「多喜二は共産党の活動家で作家ですが、『不公平なことが昔から起きているのは、世の中の仕組みのせいだ』と言う。彼の主張はきわめて当たり前なんですね。

 

 ですが、多喜二の雰囲気を出すなんてとても難しく、初演の稽古中に社長に電話してこぼしたんです。そうしたら、『帰りに寄ってくか』と言われ、まさに今座っているこの席で社長と話したんです」

 

現主人・曽根崎武吉さん(左端)、その隣の美津子さんたちと

 

 武男さんは多喜二と同じ北海道出身。高校で多喜二について教わって以来、その思想に共鳴し、多喜二の生きた時代の空気もまだ知っていた。

 

役者じゃないんで具体的な指導はありませんでしたが、当時の社会状況について教わり、それが今とつながっていることが伝わってきました」

 

 武男さんの言葉で役が呑み込め、作者の井上ひさし氏にも絶賛された。

 

 それ以降、井上はこまつ座(井上ひさしの戯曲のみを上演する劇団)の公演にたびたび出演、現在は井上ひさしの最初の戯曲『日本人のへそ』に出演中だ。

 

『エリザベート』(1919年)出演時

 

 一方、ミュージカルでの代表作『エリザベート』は昨年も上演予定だったが、コロナ禍で全公演が中止。デビュー20周年のスペシャルライブも延期となった。

 

「僕はまだいいほう。ドラマ(『半沢直樹』、2020年、TBS系)をはじめ、意外な方面から声をかけてもらえたし、配信という新たな手段で歌う機会も増えた。

 

 ただ、共演者やスタッフには生活に困る人が大勢出ました。だから、今後の可能性を探る意味でも、1月にはオリジナルの配信ミュージカル『箱の中のオルゲル』に挑戦しました」

 

「舞台は大勢で作り上げるもの。世の中の縮図だ」――井上芳雄は武男さんの言葉を胸に、役者の責任と喜びを感じながら舞台に立ち続ける。

 

いのうえよしお

1979年7月6日生まれ 福岡県出身 2000年、ミュージカル『エリザベート』の皇太子ルドルフ役でデビュー。高い歌唱力と存在感でミュージカルや舞台を中心に活躍。音楽番組やコンサートで歌手活動も精力的におこなう。NHK総合『はやウタ』に司会として出演中。4月から、デビュー20周年を飾る「井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ」の全国ツアーを開催

 

【バーデンバーデン】 
JR「有楽町駅」より徒歩3分、東京メトロ「日比谷駅」より徒歩2分 
住所/東京都千代田区有楽町2-1-8 JR高架下
営業時間/月~土17:00~23:00 日・祝日12:00~22:00 年中無休 
※現在は時短営業中のため要確認

 

取材/文・鈴木隆祐

 

(週刊FLASH 2021年4月27日号)

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入