最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1421号
5月9・16日号
4月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月28日増刊号
3月21日発売

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

柏木由紀「女々しい女子の歌は、いまはまだ作りません!」エンタメ・アイドル 2016.12.19

kashiwagi_yuki2_1

 

 最新のライブDVDには、ゆきりん作詞による新曲『miss you』(特典CD)が収録されている。詞には書く人の感性がこめられているものだ。ゆきりんが書く詞は、風のように“サラッと”しているように感じる。その理由を聞いてみた。

 

「サラッとしていますか? その受け止め方は完璧に私の狙いどおりです(笑)。ファンの人に『もっと詞を勉強したほうがいい』って言われますけど、ここでちゃんと説明しましょう。

 

 私はアーティストではありません。私が作詞をするときは、“アイドル柏木由紀”のために書いています。まわりくどい、難しい言葉はいっさい使わないように心がけています。

 

 作詞家の方に書いてもらった歌なら、その歌の主人公になりますけど、自分が書く歌詞の世界観は、どうしてもリアルな自分だと思われてしまうんですね。

 

 AKB48は、ファンとの距離が近いから、たとえば、悲しい、辛いって歌詞に書くと、『選抜に落ちたことかな?』とか、読み方によってリアリティを持って受け取られかねないんです。ファンタジーになりにくくて。

 

 だから、自分の思いを吐露するような歌詞にはしないんです。よくある話だよね、でいい。それが今の自分には正解。詞を書くとき、誰かに相談したこともないです。今まで私が書いた詞は、一文字も修正が入っていません。

 

 レコーディング当日に、スタッフさんに、これでいきます! って言う(笑)。私が書けるかどうかは別にして、RADWIMPSやbacknumberみたいな歌詞を書きたいですよ(笑)。

 

 女々しい女子の歌とかを書いてみたい欲求もあります。でも、今はそういう時期じゃない。リアリティのない歌詞って意外と難しくて。使える言葉を削ぎ落としたなかで作っています。

 

 これからもアイドルらしく、元気になれる歌を歌っていきます。ポップで明るい歌がある一方で、しっとりとしたバラードも歌う。その両方を歌うソロのアイドルはあまりいないので、そこが自分の生きる道かなと思っています」

 

かしわぎゆき 25歳 1991年7月15日生まれ 鹿児島県出身 AKB48/NGT48所属。今年の1st全国ツアーの模様と、ドキュメンタリーを収録したDVD&Blu-ray『柏木由紀 1st Tour ~寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡~』は11月23日発売。柏木由紀が作詞した新曲『miss you』が特典CDとして付属

(週刊FLASH 2016年11月29日、12月6日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年GW号
2月20日発売

詳細・購入