最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

オードリー若林、山里亮太とのライブ後に救急搬送「何百キロの鉛が乗った感覚」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.06.07 22:45FLASH編集部

オードリー若林、山里亮太とのライブ後に救急搬送「何百キロの鉛が乗った感覚」

 

 オードリー若林正恭が、6月5日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、救急車で搬送されたことを語った。

 

 5月31日に配信された、若林と南海キャンディーズ・山里亮太の漫才ユニット「たりないふたり」の解散ライブ終了直後の出来事として、若林は「俺、救急車で運ばれちゃってさ」と告白。

 

 

 続けて「ライブ中は大丈夫だったけど、終わって袖に入ったとたん、体に何百キロの鉛がドンと乗った感覚になった。ヘナヘナって仰向けになって、手足の先がしびれて感覚がない」と回想。次第にしびれが全身に達していったという。

 

 救急車で病院に行き「過換気症候群」と診断されたが、「精密検査をして、全然OKで、バッチリ大丈夫だったから、全然心配しないでほしい」と語っていた。

 

「同番組で若林さんは、搬送時にいた山里さんとの会話も明かしています。山里さんは心配しながらも『俺の一人語りが長かったからかな?』とボケたそう。

 

 若林さんは『それでこそ山里亮太だ』と思いつつ、その場は『いまじゃなくない?』という空気だったそうです。

 

 また、搬送されたことに若林さんは『救急隊員の方に本当に感謝。救急車を使ってしまって申し訳ありません』と謝っていました」(芸能ライター)

 

 無事でなによりだが、多忙な若林だけに、体をいたわってもらいたい。


続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入