最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1608号
6/29・7/6号
6月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月15日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

壇蜜、聖火リレー「激ヤセ」疑惑の真相明かす「ユニホーム、大きすぎた」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.06.11 07:30FLASH編集部

壇蜜、聖火リレー「激ヤセ」疑惑の真相明かす「ユニホーム、大きすぎた」

 

 壇蜜が、6月9日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)で「激ヤセ」について語った。

 

 6月8日に地元である秋田県横手市で東京五輪の聖火ランナーを務めた壇蜜。その際、ネット上では「やせすぎで心配」などと気遣う声が寄せられていた。

 

 

 その真相について壇蜜は「ユニホーム、大きすぎたの。二人羽織できるくらい。レディースのMと思ってたら、人間のMだったみたいで、Sでよかった」と男女共用サイズだったという。

 

 それでも、「(昨年11月に他界した)おばあちゃんのこともあって、めまいがひどくて、ちょっと(体重が)減った」とやせた点は認めた。だが「元気だし、市長の話の間もずっとトーチ掲げてましたよ」と体調は良好だと強調。大竹まことも「毎週会ってるけど、(急に)やせた感じしない」と語っていた。

 

 真相を明かした壇蜜にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

 

《そうだったんだねー、走れてよかったね…》
《ユニフォームが大きいにしても腕もずいぶん細く見えるけどな》
《え、壇蜜さん心配! 好きな方だから》

 

「同番組で壇蜜さんは、聖火リレーの辞退者が相次ぐなかでも走った理由を明かしています。『祖母が一番楽しみにしていたので。いろんな意見はあれど、祖母の期待に応えたいのと、横手市の期待に応えたいという意味で、走ることが自分の選択肢かなと思って』と説明していました」(芸能ライター)

 

 壇蜜は祖母の思いを引き継いで、聖火をつなげたのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入