最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

高橋英樹、小林旭の家で72時間麻雀「カビが生えて牌が丸見え」謎エピソード明かす

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.07.01 16:30FLASH編集部

高橋英樹、小林旭の家で72時間麻雀「カビが生えて牌が丸見え」謎エピソード明かす

 

 7月1日、『キリン脳ケアチャレンジ!』プロジェクト発足会がおこなわれ、ゲストとして高橋英樹高橋真麻らが出席した。

 

 高橋英樹は、最近の記憶力や認知力について聞かれると、「私、後期高齢者なものですから、昨年の免許更新のときに認知機能検査がありまして。これが本当に難しくて、さいわい高得点をいただきましたが、普段からやってないといけないな、と思いました」

 

 

 一方、父の様子について真麻は、「父の方が私より記憶力がいいのではないかと……ただ、本人はセリフ覚えが悪くなったって、たまに言いますね」と答える。

 

 真麻の言葉を受け、高橋は「セリフ覚えはいい方だったので。一度、二度読めば覚えられたんですが、最近は……」と、話していた。

 

 イベントで過去の武勇伝について聞かれると、高橋は、今の時代にはそぐわない話としたうえで、小林旭の自宅で、72時間ぶっ通しで麻雀したエピソードを明かす。

 

 真麻が、「人は60時間以上麻雀をやってると、だんだん牌が人に見られているような気がするらしくて……」と助け舟を出すと、高橋は「だんだんカビみたいなのが生えて、牌がそってくるから、隣の人から丸見えだって思って、隠しながらやるんです」と、疲労による謎の “幻惑” を披露。

 

「バカなことをやっていたなと思いますが、経験としては非常にいい経験でした」と笑っていた。


続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入