最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

前田敦子 離婚で再評価のワケ…「何でもやります!」と営業、キャラ変で「性格丸くなった」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.07.19 20:00FLASH編集部

前田敦子 離婚で再評価のワケ…「何でもやります!」と営業、キャラ変で「性格丸くなった」

3月下旬、映画『そして僕は途方に暮れる』の撮影に臨む前田敦子

 

 2021年4月に勝地涼(34)と離婚した前田敦子(30)。直前の1月には大手事務所から独立してフリーとなったが、じつは彼女のもとにオファーが殺到しているのだ。

 

「独立以降もドラマや映画への出演を続けていて、今後もすでに何本か仕事も決定しています。また5月からは、演出家・野田秀樹氏(65)の手がける舞台『フェイクスピア』への出演をはたしています。

 

 

 さらには、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが手がける短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』にも参加。コロナ禍で大きな影響を受けているクリエイターたちを応援するための試みで、前田さんは『睡眠倶楽部のすすめ』で主演に抜擢されています」(芸能プロダクション関係者)

 

 これまでにも増して、意欲的に新たな挑戦を続けている前田。そこには、彼女の“キャラ変”が大きく影響しているという。

 

「離婚してから、いい意味で腹をくくったようで、『何の仕事でもやります!』と営業活動しているのです。『子どものためにも、とにかく自分が稼がないと!』という強い意志が感じられますね。

 

 昔は、とにかくドラマでも映画でも『主演かヒロインじゃないと嫌!』とこだわっていましたが、今は『番手も気にせず、求められれば挑戦してみたい』と宣言しています。

 

 実際、長年にわたって“共演NG”と言われていたキンタロー。さん(39)との共演も3月30日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で実現。周囲からも『性格が丸くなった』と話題になっています。そうした変化も、キャスティングの上でプラスに働いているみたいです」(前出・芸能プロダクション関係者)

 

 そんななか、彼女は“ある野望”を抱いていた。

 

「たしかにバラエティ番組もNGなしで、オファーがあったら出たいという姿勢のようです。ただ彼女は、あくまで“主戦場は女優業”と考えています。

 

 同じAKB48だった大島優子さん(32)や川栄李奈さん(26)は、NHKの朝ドラや大河への出演をはたすなど、女優として一歩リードしていますが、そんななかで前田さんは『私は、映画で大きな賞を取りたい!』と言っています。
 

 今はとにかくオファーがきた仕事を確実にこなしていって、ゆくゆくは大きな仕事につなげたいという野望を抱いているみたいですね」(芸能関係者)

 

 AKB48時代は不動のセンターだった前田。新境地に立ったことで、ハリウッド進出なんて日がくるかも?


続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入