最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

伍代夏子、シマフクロウを追って一人流氷ツアー「7000枚撮って納得いく写真は3枚」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.08.13 06:00FLASH編集部

伍代夏子、シマフクロウを追って一人流氷ツアー「7000枚撮って納得いく写真は3枚」

趣味の写真を手にする伍代夏子

 

“ゴジラ” といえば、松井秀喜。 “燃える闘魂” といえば、アントニオ猪木。そして、 “美人演歌歌手” といえば、この人――伍代夏子(59)だ。

 

 でも、しかし。見た目と素顔は大違い。伍代は正真正銘の “頑固者” 。レコーディングでも、納得するまで20回でも30回でも歌い続ける。彼女の辞書に「まぁ、いいか」という言葉は存在しない。

 

 

「SNSで公開しているのでヒソカに……ではないですけど、趣味写真も同じです。たとえば鳥……大きく鮮明に撮りたいから、限界ぎりぎりまで近づいて、あとはジッと待つ。自分が木や風になった気持ちで、1時間でも2時間でも、自分が撮りたいと思う瞬間が来るまで待ち続けます」

 

 ひょっとして、伍代は待つ人!? とんでもない。待つときは何時間でも待つが、一度、撮りたい! と思ったときの行動力は群を抜いている。

 

「冬の北海道でしか撮れないオジロワシと、同じく北海道に170羽ほどしかいないシマフクロウを撮るために流氷ツアーを企画。自分で車と船をチャーターし、ガイドさんを探して……途中、船酔いで吐きそうになりながら(苦笑)、それでも夢中でシャッターを切っていました」

 

 このツアーで撮った枚数は、オジロワシとシマフクロウだけで3000枚。そのほかを加えると、2日で7000枚を超える。

 

「それだけ撮っても、残しておきたいと思うのは10枚くらい。時間がたってもう一度見直して、これもいいなぁと思えるのは3、4枚ですね」

 

 これは、ホームにしている東京の代々木公園と新宿御苑でも同じだ。

 

「気配を殺して近づけるだけ近づいて。ファインダーを覗いていると、鳥のほうが “うるさいなぁ” という顔でこっちを向く瞬間があるんです。そこで一気に、バババババッ……と連写して。こっちは撮ったもんねぇ〜という気持ちですよ。ところが――」

 

 ところが?

 

「家に帰って見ると、見事に全部ピンボケしてるんです。もう、くそ〜〜ッ! ですよ。でも、どんなに腹が立っても、あの瞬間はあのとき一度だけのもの。次に撮れたとしても、もうあのときのものじゃない。だからよけいに、その瞬間を大切にしたいんです」

 

 なんという執念。なんという潔さ……。

 

「それって、褒めてます?」

 

 まっすぐな強い視線で見つめられると、ドギマギしてしまうが……もちろん、最上級の褒め言葉です。

続きを見る
12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入