最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1619号
10月12日号
9月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

つるの剛士、大腸検査で羞恥心「担当医が妻のママ友だった」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.09.13 16:00FLASH編集部

つるの剛士、大腸検査で羞恥心「担当医が妻のママ友だった」

 

 9月13日、「がん検診アラート 2021」PRイベントが都内でおこなわれ、タレントつるの剛士らが登壇した。

 

 コロナ禍の影響で、がん検診の受診率が減少していることを踏まえ、東京都がん検診受診促進アンバサダーを務めるつるのは、定期的ながん検診の大切さを語った。

 

 

 愛妻家として知られるつるのは、毎年、妻にもがん検診を促しているという。

 

「妻にはちゃんと受けさせています。5人も子供をみてくれて、女性的な疾患もありますから。忘れないように、誕生日に(検診に)行かせるようにしてます」

 

 一方で、自身の検診についても触れる。

 

「ぼくはありがたいことに、番組のなかで人間ドッグを受けるコーナーがありまして。毎年そこで、ほんとに細かく調べていただいてました。胃カメラを口からつっこまれて『オエッ』ってなってるところも全部見られています(笑)。

 

 血管年齢から、肺の活動まで、いろんなことを調べていただきました。最近その番組が終わっちゃったんで、ここ2年ぐらい(検診が)できてないんです」

 

 イベントでつるのは、「検診」にまつわるエピソードも披露する。

 

「3年前に、大腸検査を妻から促されて、行きました。そしたら、(担当医が)うちの妻とすごく仲のいいママ友だったっていう……。すごく恥ずかしかったです。『最初に言って!』と思いましたね。妻にもはっきり見られたことないようなところなので」と苦笑いを浮かべていた。

 

 2人に1人ががんにかかると言われる時代。理想の「おしどり夫婦」とは、つるののように、お互いに検診を促し合える関係のことなのかもしれない。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入