最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

トータルテンボス、COWCOW、5GAPが明かす「ルミネtheよしもと」若手時代のドタバタ「ペナルティのワッキーさんがエロマッサージ店で……」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.10.03 06:00FLASH編集部

トータルテンボス、COWCOW、5GAPが明かす「ルミネtheよしもと」若手時代のドタバタ「ペナルティのワッキーさんがエロマッサージ店で……」

トータルテンボス(左から藤田憲右、大村朋宏)

 

 新宿駅に隣接する商業ビル「LUMINE2」の7階にあるお笑いの劇場「ルミネtheよしもと」。貸しホールとして運営されていたルミネホール「ACT」が2001年、吉本興業が運営する劇場へと生まれ変わった。

 

 座席数は458席+立ち見スペース。現在、お笑い専門劇場としては東日本最大のキャパを持つ。

 

 

 1997年にデビューしたトータルテンボスの藤田憲右(45)と大村朋宏(46)は、「ルミネ」の思い出と思い入れをこう語る。

 

大村「ルミネができたときはスターだらけ。皆さんが楽屋にいるので、僕たちは階段とか廊下にいました。だから、楽屋はどうだったか思い出そうとしても、思い出せない(笑)。

 

 でも、それでほかの若手と仲よくなりました。次長課長の河本さんはエロマッサージ店にハマっていて、一緒についていったワッキーさん(ペナルティ)なんてヤラしてくれって土下座してましたよ(爆笑)」

 

藤田「舞台が終わってから、よく飲みに行ってましたね。僕らはずーっと劇場に出続け、いちばんのルミネっ子かもしれない。出演回数が1位の可能性はあると思いますよ(笑)。

 

 去年の4月ごろからコロナ禍でステージが減り、とにかく早く収束してほしいです。あと、会社への要望としては楽屋を増やしてほしい」

 

大村「僕は、なんばグランド花月に匹敵する、格のある劇場になってほしいですね。それこそ “東京グランド花月” と呼べるような。そういう劇場がこっちにもひとつ欲しいですよね。

 

 テレビの仕事が入っても、ここのトリは渡さねえって思えるような劇場になってほしい。ぜひ、僕らが初代のトリを務めたいですね」

 

 オープン時に、デビューしたばかりだった5GAPのトモ(45)とクボケン(40)にとって、“試練” もあったようだ。

 

トモ「当時若手は階段にたむろし、あるとき僕らがそこに座ってたら見回りが来て、『こんなとこでサボるな』と怒鳴られました。それまでは “500円芸人” だった(当時の若手はゴングショーを1回勝ち抜くごとに100円ずつギャラが上がっていき、5回勝ち抜いて500円芸人になると本番でネタを披露する権利が得られる)んですけど、0円からやり直しになったんです(笑)」

 

クボケン「あれはひどかった。その後、階段に居座ることは禁止されました」

 

トモ「若手のときは、ずーっと楽屋で寝ていた時期があります。出番の合間の風俗通いは流行りました(笑)。行きつけの店が狭くて隣の声が聞こえる。先輩が『それはダメですー!』と叫ぶんで、爆笑しちゃって集中できなかった」

 

クボケン「当時のお客さんに言いたいのは、1日3公演なら1公演めを見るべきでしたね。2ステ以降はパチンコで負けてしょんぼりしてたり、ヌいちゃって賢者だったりで、テンションが下がってた(笑)」

 

トモ「昔はめちゃくちゃでしたが、今は秩序があります(笑)。お世話になった『ルミネ』には、これからも出続けます!」

 

 COWCOWの多田健二(47)と善し(46)は、名だたるスター芸人らに囲まれてきた、と語る。

 

多田「僕らは出番の日を『魔の月曜日』って呼んでいて。当時は極楽とんぼさん、ロンブー、ガレッジセール、新喜劇の今田耕司さん班に山崎邦正(現・月亭方正)さんや藤井隆さんと、錚々たるスターが出て、お客さんもパンパン。

 

 それでも僕らはへんに芸歴があったから(1993年デビュー、ロンブーは同期)トリをまかせてもらえ、スター軍団のなかでのプレッシャーはすさまじかった。

 

 その後、『はねるのトびら』で大人気のキングコングやインパルス、ロバートが出ても僕らがトリ(笑)。

 

 そして『爆笑レッドシアター』がブームになり、レギュラーのはんにゃ、フルーツポンチ、しずるが出ても僕らがトリ。今の第7世代が出ても僕らがトリ(笑)」

 

善し「お笑いを続けられているのはありがたいですけどね。それにしても、僕ら20年出ているのに、この劇場にホーム感はゼロなんですよね(笑)」

 

多田「今はEXITのホームですね。1日3回の公演ではEXITのお客さんが8割で、しかも3回連続で観るお客さんばかりだから、僕らのネタも3回観るんです(笑)」

 

善し「とにかく『ルミネ』には、ずっと残ってもらいたい」

 

 20年間、お笑いの劇場のトップランナーとして走り続けた「ルミネtheよしもと」。ベテラン芸人たちも、強い思い入れがあるのだ。

 

(週刊FLASH 2021年10月12日号)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入