最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1625
12月7日号
11月16日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

岩佐美咲、AKB48から演歌歌手に転向して5年、いまの夢は「声優になりたい!」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.10.17 06:00FLASH編集部

岩佐美咲、AKB48から演歌歌手に転向して5年、いまの夢は「声優になりたい!」

岩佐美咲

 

「大切にしているモノが3つあるんですけど……多すぎますか?」
 そう言って、岩佐美咲(26)がバッグから取り出したのは、スマートホン。

 

 ひとつめはコレですと、膨大な写真フォルダの中から選び出したのは、人生最大の転機となったカラオケ大会の優勝トロフィーだ。

 

 

AKB48のイベント “ゆるゆるカラオケ大会” で優勝したときにもらったトロフィーなんですけど」

 

 ゆるゆるカラオケ大会?

 

「歌でも一発芸でもなんでもアリで、秋元康先生の似顔絵を描いた人もいました。そこで歌った石川さゆりさんの『津軽海峡・冬景色』が、人生の大きなターニングポイントで……。演歌歌手・岩佐美咲誕生のきっかけになったんです」

 

 ガチで勝負にいった?

 

「ソロ歌手になることが夢だったんですけど、当時の私はAKB48という大人数のなかで、何をすればその夢に近づくことができるのかわからなくて。一人でステージに立って歌えるチャンスですから、ここは一発マジでいこうと」

 

《幸運を掴むには、方法も法則もテクニックもない。あるとすれば、ただひとつ。自分は運がいいと思うこと》と言ったのは、師でもある秋元康。初めて一人で歌うことに心臓はバクバクと音を立てていたが、“私は運を持っている” と信じた彼女は、自らの手でその運を掴み取った。

 

「17歳でソロデビューして今年は10年め。AKB48を卒業し、演歌歌手一本で勝負してから5年め……私にとっては勝負の年です。コロナ禍なんかに負けていられません!」

 

 そのメモリアルイヤーに、総合プロデューサー&作詞家として秋元康が贈ったのは、儚(はかな)くも芯の強い大人の女性を描いた『アキラ』だ。

 

「歌の舞台は北の大地、北海道・函館。アキラという名前の男の人はどんな人で、2人はどこで出逢い、どんな恋愛をしたのか……毎回、想像を膨らませながら歌っています」

 

ソロデビューする前の岩佐美咲

 

■いつかアニメの声優になりたい

 

 優勝トロフィーからスタートした岩佐美咲の夢物語。2つめは、そのトロフィーにまつわる愛犬2頭との心温まる(?)エピソード。

 

「見てください、ここ!」
 スマホの画面をアップにして見せてくれたのは、トロフィーの台座の部分。ん!? もしかして、かじられた痕?

 

「そうですよぉ。当時、実家にはオスのミニチュアダックスフンドが2頭いて。単独犯か共犯か、2頭とも黙秘したまま天国に逝っちゃったので、事件は迷宮入りですが、犯人は絶対にヤツラです」

 

 確信しているのには理由がある。

 

「ぬいぐるみやクッションは、あっという間にボロボロにするし、なんでもかじりまくる破壊大魔王でしたから」

 

 今、思い出しても腹が立つというのは小学生のとき、夏休みの自由研究だ。

 

「何時間もかけて完成させたのに……買い物をして家に帰ったら、グチャグチャのボロボロで。その場で号泣です(笑)」

 

 悪戯は許せないけど、でも……憎めない。

 

「シッポをぶんぶん振って、飛びついてくると、ぎゅ~~っと、抱きしめたくなっちゃうんですよね」

 

 笑みを見せながら、また写真フォルダをスクロール。次に、表示したのは――。

 

「チワワの女のコで、名前は “はむ” と “ちーず” 。世界一かわいいと思いませんか? もしも、チワワ総選挙があったら神セブン入りは確実。1位だって夢じゃないですよ。帰ると2頭とも私に飛びついて来てくれるんです。 “嬉しょん” で、床が濡れるのはちょっと困りますが(笑)、逆に離れるときは寂しくて寂しくて。2頭ともカバンに入れて、連れて行きたくなっちゃうんです」

 

 優勝トロフィーと愛犬。そして3つめは。

 

「小さいころからアニメが大好きで。いつかアニメの声優になりたいという、これは秘かな夢です」

 

 そう言いながら、トーンを変えて話しだした声は……今すぐにでも声優デビューできそうなイケボ。120%完璧なアニメ声だ。

 

「天国に逝っちゃった2頭のダックス…… “ぷーすけ” と “かぶ” に約束したんです。いつか、声優デビューするから待っててねって。夢のバトンは、“はむ” と “ちーず” に受け継いでもらっています」

 

 何かをせがむような顔。すました顔。無邪気に眠っている顔……。何度見ても、見飽きることのない愛犬の写真をスクロールしながら、次の夢に向かって、初めの一歩を踏み出した。

 

いわさみさき
1995年1月30日生まれ 千葉県出身 2012年にAKB48初の演歌歌手として『無人駅』でソロデビュー。10周年の10月6日に、秋元康プロデュースの『アキラ』をリリース

 

写真・中村功 
取材&文・工藤晋

 

(週刊FLASH 2021年10月26日号)

 

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入