最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

テレビ現場で見た「性格がいい男性芸能人」…3位は松岡修造、2はサンド伊達、1位は?

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.10.28 06:00FLASH編集部

テレビ現場で見た「性格がいい男性芸能人」…3位は松岡修造、2はサンド伊達、1位は?

 

 視聴者の好感度は高くても、現場でのスタッフ受けは最悪……なんてことも珍しくないのが芸能界。特に現場スタッフへの対応には、その人の “素” が出やすいものだ。

 

 そこで今回、NHKや民放各局のバラエティの現場で働くプロデューサーからAD、ヘアメイクまで、テレビ制作関係者300人に大手広告代理店がアンケートを実施。

 

 

 調査対象者には「一緒に仕事をして性格がよかった」タレントを3名まで挙げてもらい、1位=3ポイント、2位=2ポイント、3位=1ポイントとして集計した。カメラが回っていないところでのエピソードを証言してもらった。関係者が見た「本当に性格がいい芸能人」は誰なのか?

 

 男性編1位は、意外にも「アンジャッシュ」の児嶋一哉。渡部建がピンで活躍していたぶん、コンビのイメージが薄かったことも功を奏したようだ。

 

「現場の児嶋さんは声が小さく、あまりハキハキしているタイプではないのですが、かえってそれが謙虚さとして伝わっている」

 

「相方との共演ができないいま、児嶋さんに同情的な人が多いのは、その優しい人柄の賜物でしょう。とはいえ、現場での渡部さんの評判があまりよくなかったこともあり、その反動もあるのかも」(制作会社スタッフ)

 

 2位は、好感度上位タレントの常連、「サンドウィッチマン」の伊達みきお。宮城出身で地元愛が強く、震災復興絡みの仕事は、ギャラは二の次で受ける男気があるという。

 

「最初は怖そうに感じますが、スタッフの特徴を見抜くのがうまく、すぐにイジりだします(笑)。ちゃんと愛情を感じるフォローまでつけてくれるので憎めません」(AD)

 

 3位には「熱さ」でお馴染み、松岡修造がランクイン。

 

「ふだんの松岡さんをひと言で表わすならば『誠実』そのもの。収録以外では淡々と話をする姿など、冷静さしか見当たりません」(プロデューサー)

 

 いまやすっかり売れっコYouTuberとして名を馳せる江頭2:50は6位。

 

「収録後、『ちょっとやりすぎたかな……』とブツブツと独り言を言っている姿が印象的でした」(制作スタッフ)

 

 11位は、テレビで見ない日はないほど多数のレギュラー番組を持つ有吉弘行。夏目三久という生涯の伴侶も得て公私ともに絶好調だが、「売れていなかったときに関わったスタッフには、仕事度外視で義理をはたす」(ディレクター)と、下積み時代を忘れていないところが、スタッフ間で好感度が高いようだ。

 

 大手広告代理店のキャスティング担当者によれば、今回のランキングからは、芸能人の “現場人気” を決めるポイントがみえてくるという。

 

「ここにランキングされたタレントたちの特徴のひとつは『ギャップ』です。若い人が多いADなどは、特にギャップに弱い。それまであまりいい印象を持っていなかったタレントが、実際に会ってみたらじつはいい人だったという、いい意味でのギャップは好感度に直結します」

 

 スタッフ受けの極意は「ギャップ萌え」にあるようだ。

 

(週刊FLASH 2021年11月9日・16日合併号)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入