最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「文春さんに直撃されたときは頭が真っ白に…」元国民的アイドル・鈴木優香が告白

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.10.30 16:00FLASH編集部

「文春さんに直撃されたときは頭が真っ白に…」元国民的アイドル・鈴木優香が告白

 

 今年4月に熱愛スキャンダル発覚し、当時AKB48のメンバーだった鈴木優香は活動を休止。一度は復帰したものの、先月グループから卒業し、念願だったグラビアを初披露した。“文春砲” が発端となった騒動渦中のことや、ソロ活動を始めていくにあたっての心境について聞いた。

 

──鈴木さんの幼少期について性格について聞かせてください。お母さまが中国の方だそうですね。

 

 日中のハーフです。お母さんは北京に住んでいて、今はなかなか会えないです。生まれは静岡で、幼稚園に入るまでは北京にいて、それから日本に戻ってきました。夏休みに1度は北京に帰るようにしていました。中国には、母方のおじいちゃんが子供の面倒を見るっていう習慣があって。私とお姉ちゃんも祖父の下で育てられました。2人姉妹の末っ子です。

 

──末っ子感がありますね。

 

 たしかにちゃんとしてないから(笑)。

 

──そんなことはないと思いますよ(笑)。過去のインタビューでは、わがままな性格だとお話されていましたが。

 

 やりたいことを全部、お母さんに叶えてもらっていたので、やりたいことは全部やってしまう性格でした。習い事も、ちょっとでも興味があったら通わせてくれるし、いろんなことをほとんど自分で決めてきました。入りたい高校といった進路も全部。

 

──そうやって始めた習い事は続くほうでしたか?

 

 3日坊主は少なくて、やるってなったら習い事もある程度やってました。一番長く続いたのはピアノです。幼稚園の年長から小学校の卒業まで7年くらい続けて、楽しかったです。

 

──学生時代はまじめで成績もよかったと伺いました。

 

 塾にも通っていて、小学校の頃はマジメでした。頭のいい人に憧れていて、自分も頭がよくなりたいと思っていました。小学校から公文に通って、中学校でも必死に勉強して。成績は上のほうだったのですが、高校に入ってから難しくなっちゃって、一気にやる気が落ちちゃいました。

 

──マジメですね。

 

 悪い子ですけどね(笑)。いい子じゃないです。

 

──得意科目は?

 

 英語です。中国語も話せるので、言語を学ぶのは好きなのかもしれないです。英語力は義務教育で教わった程度なので、英単語の意味を聞かれたら思い出せるかわからないです。外国の方に話しかけられたら困ってしまいます(笑)。

 

──学生時代にアイドル活動を始めていますが、渡辺麻友さんや柏木由紀さんに憧れていたそうですね。

 

 まゆゆさんとゆきりんさんがすごい仲よしで、2人が載っている雑誌をお姉ちゃんが買ってきて、読んだりしていました。お姉ちゃんが高橋みなみさん推しで、その影響で私もAKB48を好きになりました。ライブは行ったことがないので、行きたかったですね。

 

──渡辺さんはどんなところが好きだったのですか?

 

 まゆゆさんは女の子らしくて、かわいいところが好きでした。会ったことは一回もなくて、実在してるかどうかも、いまだに(笑)。会いたかったです。

 

──柏木さんは?

 

 ゆきりんさんは会いました。今も在籍されているので、レッスン場にいたりとか、AKB48の単独コンサートで一緒に出たりとか。けっこうメンバーのことを見ていらっしゃるみたいで、私が初めてお会いしたとき、写真を一緒に撮りたくて、自己紹介したんですよ。「新しく入ったチーム8の鈴木優香です」って。「あ、知ってるよ」って言ってくださって、すごく嬉しかったです。

 

──過去のインタビューでは、「私が好きな私でいたい」と答えていましたが、どんな気持ちでアイドル活動を続けていましたか?

 

 それはずっと言ってましたね。私は地下アイドルもやっていたのですが、AKB48でデビューしてから、「昔のほうがかわいい」とか、いろいろ言われてたり、書かれたりするのを見て悩んでいました。そんなときに「自分の好きな自分でいたい」って言葉を見つけて、「これだな」と。人に左右されないで、自分の好きな自分を貫いていこうと思っていました。今の好きな言葉は「初心を忘れず」ですかね。

 

──初志貫徹していきたいということですね。

 

 ショシカンテツ? すみません、バカで(笑)。地下アイドルに最初入ったときは、ピュアな気持ちで「これから頑張っていこう」と思ってました。「グループに入って、絶対売れるぞ」っていう感じだったんです。でも、いま4年ぐらい経つんですけど、最初の頃の気持ちとずれているときがあって。考えすぎかもしれないんですけど、周りの影響を受けやすい部分もあります。自分が最初に持っていたピュアな気持ちを忘れずにやっていきたいです。

 

──迷いが出るのはどういうときですか?

 

 私は人に言われちゃうと、「そうなんだ」ってすぐ流されちゃうので、そこで自分の最初の気持ちを忘れてしまうので……流されないようになりたいです。

続きを見る
123

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入