最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

田中律子が語る平成トレンディドラマ時代の熱気…「海外で役名の『千恵!』と呼ばれたことも」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.12.05 06:00FLASH編集部

田中律子が語る平成トレンディドラマ時代の熱気…「海外で役名の『千恵!』と呼ばれたことも」

『愛しあってるかい!』時代は現役高校生だった

 

「リアルに高校生だったので、制服でスタジオに行って、役柄用の別の制服に着替える、という感じでした」

 

 陣内孝則、小泉今日子らが教師を演じた『愛しあってるかい!』。女子高生役の田中律子(50)は出演当時、私生活でも高校生活を送っていた。

 

「陣内さんがあんな感じだったので、現場はめちゃくちゃ明るくて、楽しかったです。陣内さんのホームパーティにも呼んでいただきました」

 

 

 そして、武田鉄矢の「僕は死にましぇ〜ん!」がいまも語り継がれる『101回目のプロポーズ』では、ヒロイン・浅野温子の妹役を演じた。

 

「温子さんが泣くシーンがとにかく多かったので、そばで見ている私までもらい泣きをしていました(笑)。このドラマの撮影中に20歳の誕生日を迎えて、温子さんや鉄矢さんにお祝いしてもらったんですよ。20歳になったこともそうですが、『この仕事を続けていくんだな』と、自分の中で覚悟を決めたこともあり、自分にとっては節目の作品になりましたね」

 

 ドラマの反響の大きさを感じたのは、海外に行ったとき。

 

「ロサンゼルスで、現地在住の方に『おー! 千恵!』と役名で呼ばれたときには、さすがに驚きました(笑)。当時のドラマの現場は、大人たちが真剣に仕事を楽しんでいて、熱気がすごかったんです。あのときの現場の楽しさが忘れられないので、またいつか、あんな熱気を感じるドラマをやりたいです」

 

たなかりつこ

1971年7月17日生まれ 東京都出身 1984年、12歳のときにモデルとしてデビュー。情報番組の司会などでも活躍。現在は東京と沖縄に拠点を持ち、沖縄ではサンゴの保護活動などをおこなっている

 

ヘアメイク・佐々木育美

 

(週刊FLASH 2021年12月14日号)
続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入