最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

田中美奈子、“悪女役” 一手に引き受けた平成時代「本当はコメディに出演してみたくて…(笑)」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.12.06 06:00FLASH編集部

田中美奈子、“悪女役” 一手に引き受けた平成時代「本当はコメディに出演してみたくて…(笑)」

「ドラマの共演相手に挨拶をすると、怖がられるんですよ」

 

「コメディをやりたくて女優さんになったと言っても過言ではないんですが、あの役がきてしまって……」

 

 そう苦笑する、田中美奈子(54)。「あの役」とは、スピーディな物語展開から「ジェットコースタードラマの元祖」といわれた『もう誰も愛さない』の、宮本小百合役だ。同僚の女性とその婚約者を暴漢に襲わせて婚約を破談にし、さらに同僚に男を近づけ、横領事件を起こさせる悪女だ。

 

 

「その前年の『キモチいい恋したい!』は、旅行代理店が舞台のコメディだったんです。それが、自分は手を汚さずに悪事を働く小百合を演じたことで、田中美奈子=悪女というイメージが完全についてしまって。私にとってはターニングポイントのドラマでした。以来、悪女を一手に引き受ける女優になりましたから(笑)」

 

 イメージから抜け出せず、苦しんだ時期もあった。

 

「ドラマの共演相手に挨拶をすると、怖がられるんですよ。あとで私の性格を知って『怖くないじゃん!』って(笑)。同じ時期、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』で、本来やりたかったコメディをやらせていただいていたので、そこで自分のバランスを取っている感じでした」

 

 最盛期はドラマをかけ持ちし、1週間に10時間寝られるかどうかという毎日だった。

 

「もう十分、悪女も演じたので、今後はゆっくり時間をかけて取り組むような作品や、本格的なコメディに出演してみたいですね(笑)」

 

たなかみなこ
1967年9月12日生まれ 千葉県出身 1984年に「ミスマガジン」の準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。『同窓会』(’93年・日本テレビ系)、『星の金貨』シリーズなどにも出演した

 

ヘアメイク・佐々木広美

 

(週刊FLASH 2021年12月14日号)
続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入