最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

セカオワFukase、「殺人鬼の演技ができるよ!」と囁いた監督に「ちょっとおかしい」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.12.17 16:00FLASH編集部

セカオワFukase、「殺人鬼の演技ができるよ!」と囁いた監督に「ちょっとおかしい」

 

 12月16日、「第46回 報知映画賞」表彰式が都内でおこなわれた。

 

 同賞は1976年から始まり、ファン投票によって選ばれた作品から、選考委員会によって各賞が選ばれる。

 

 今年の新人賞には、「SEKAI NO OWARI」のFukaseが選ばれた。Fukaseは、6月に公開された映画『キャラクター』で天才的な殺人鬼を演じ、高い演技力が評価を集めた。

 

 

 殺人鬼という特殊な役柄について、Fukaseは「監督に『Fukaseくんだったら、殺人鬼(の演技が)できるよ!』って言われて。どういう意味かな? ちょっとおかしいな、と思った」と振り返る。

 

 続けて「僕、名前がサトシって言うんですけど、家族には『サトシは殺人鬼にピッタリだよ!』って言われたんです。そんなにピッタリなら、もしかしたらできるかな、と思って。お芝居のレッスン時間が1年以上あったので、期待に添える形になるんじゃないかなと思い、お受けさせていただきました」と語る。

 

 会場には、同作でFukaseと共演した中村獅童がサプライズで駆けつけた。中村は、同賞へ “クレーム” を出す。

 

「『ピンポン』(2002年公開)のときに、この賞(報知映画賞)をいただいてるかな、と思って調べたら、報知の賞だけ取ってなかったんです。しかも、急に電話がかかってきて、『孤狼の血』で助演(助演男優賞)かと思ったら鈴木亮平だろ? どうなってんだよ、この賞は! ほんと腹立つわ(笑)」

 

 それでも中村は、最後に「本当にFukaseくんは素晴らしかった。これからも、どんどん映画にチャレンジしていただきたい」とエールを送っていた。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入