最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ディーン・フジオカ、「日本のトム・クルーズ」と評価され「責任重大ですね」と照れ笑い

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.01.12 23:04FLASH編集部

ディーン・フジオカ、「日本のトム・クルーズ」と評価され「責任重大ですね」と照れ笑い

 

 1月12日、映画『Pure Japanese』完成披露の舞台あいさつが都内でおこなわれ、俳優のディーン・フジオカらが登壇した。

 

 同作は、過去にトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる男が、孤独な少女との出会いをきっかけに狂気を暴走させていくバイオレンスアクション。

 

 

 主演を演じつつ、企画・プロデュースも手がけたフジオカは、作品の完成を振り返り、喜びを語る。

 

「シンプルに感動しました。ゼロから企画を立てて、素晴らしい出会いに恵まれて、みんなで作品を作った。脚本が完成したときや撮影がオールアップしたとき、その都度、フレッシュな感動を噛みしめながら、今日ここにたどりつくことができました」

 

 タイトルにちなみに、自身のピュアな部分について聞かれたフジオカは、「ものを作ることに対してピュアでいたいな、と思いますね。それが音楽であっても、自分が作るものに対してピュアであれたらいい」と真剣に語っていた。

 

 同じく登壇した映画監督の松永大司は、フジオカについて「僕は、ディーンさんは日本のトム・クルーズになった方がいいんじゃないかと思いました。そういう存在の人が出てくるべきだろう、と感じながら作っていました」と絶賛。フジオカは「責任重大ですね」と照れ臭そうに笑っていた。

 

 イベントの最後、今年の抱負について聞かれたフジオカは「健康第一」と回答。「コロナに負けるな! 健康第一ですね。健康を崩してしまうと、楽しいことがなくなってしまう。長生きしましょう(笑)」と語っていた。

 

(SmartFLASH)
続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入