最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

水島新司さん 本誌に生前語っていた夢「『ドカベン』孫編をいつかやりたい!」【秘蔵写真も】

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.01.17 21:50FLASH編集部

水島新司さん 本誌に生前語っていた夢「『ドカベン』孫編をいつかやりたい!」【秘蔵写真も】

 

 1月17日、肺炎のため東京都内の病院で逝去した漫画家・水島新司さん(享年82)。『ドカベン』『野球狂の詩』『あぶさん』など、野球漫画で人気を集めた。自身も大の野球好きだというが、その原点を、2002年に本誌に語っていた。

 

「俺の野球狂の原点は、少年時代に野球が好きなのにできなかったことにあるね。家庭が貧しくて働かなきゃいけない。魚を積んでリヤカーを引いてね。

 

 

 中学3年のときは3日しか学校に行ってないけど、趣味で描いてた漫画が入選して。普通に学校に行ってたらこうはならなかった。人生そんなもんだよ。自分が意図せずコースから外れてもベストを尽くせば絶対何かある。それが俺にとっては漫画だったと思う」

 

 そんな水島さんが、野球漫画だけを描き続けたのには、ある想いがあったという。

 

「1958年に漫画家デビューしたときに、『絵がうまくなったら野球漫画だけで勝負しよう』と。自信がついてきたのは『男どアホウ甲子園』(1970年)からで、『向こう3年は野球漫画以外は描かない』と目標を立てた。

 

 そう心を鬼にしたら『ドカベン』『野球狂の詩』『あぶさん』が2、3年後に続けて生まれてね。このころから仕事をしているという観念がない。こんなに楽しんで金もらっていいのかなって。野球やってるより漫画描いてるほうが楽しいんだから。

 

 8年ぶりに『ドカベン』(プロ野球編)が始まったのは清原和博選手の『山田をプロへ』というひと言のおかげ。恩人ですよ。でも巨人に行ったときはショックで『この裏切者』ってね(笑)。

 

 やっぱり俺の作品がいいか悪いかはキャラクター次第。ドラマありきじゃない。キャラクターがストーリーを動かすんですよ。ホントに漫画と野球はいくらやっても飽きないね。

 

 夢? 2人の息子に野球選手と漫画家になる夢を託したけども叶わずだったから、孫が岩鬼や山田を使って漫画を描く“ドカベン孫編“。これがオレの夢ですよ」

 

 シリーズ合計205巻に達した『ドカベン』の完結時、「たしかに46年間は長い年月です。しかし長さは感じませんでした」と読者へ思いを綴っていた水島さん。どこまでも、野球と漫画が好きな人生だったのだろう。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入