最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

【アカデミー賞ビンタ騒動】ウィル・スミス、過去にも同じ人物から暴言を吐かれていた

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.03.29 16:49FLASH編集部

【アカデミー賞ビンタ騒動】ウィル・スミス、過去にも同じ人物から暴言を吐かれていた

クリス・ロックの顔を平手打ちするウィル・スミス(写真:REX/アフロ)

 

 ウィル・スミスが、3月27日(日本時間28日)開催の『第94回アカデミー賞授賞式』で、司会を務めたクリス・ロックの顔を平手打ちする騒動を起こした。

 

 原因は、クリスが、脱毛症の悩みを抱えるウィルの妻で、女優のジェイダ・ピンケット・スミスを侮辱したこと。クリスは壇上でジェイダに対し、「次は『G.I.ジェーン』の続編を楽しみにしているよ」と、短い髪形をからかった。『G.I.ジェーン』は、デミ・ムーアが丸坊主になったことで話題を呼んだ映画だ。

 

 

 ジェイダは2018年に脱毛症を患っていることを公表し、昨年7月から短髪にしている。そのため、ウィルは義憤にかられて壇上でロックを平手打ち。席に戻って「妻の名前をその汚い口から出すな」と放送禁止用語を交えて叫んだ。

 

 その後、映画『ドリームプラン』で主演男優賞を獲得したウィルは、スピーチで「アカデミーに謝罪したい。ノミネートされたすべての仲間にも謝りたい」と涙。インスタグラムで「クリス、あなたに公式に謝罪したい。私が間違っていた」と詫びた。

 

 実はクリスは、2016年のアカデミー賞でも、受賞をボイコットしたウィル夫婦について毒舌を飛ばしている。同賞は、2015年に続いて演技賞すべての候補者が白人で、多様性の観点から当時SNSで「Oscarssowhite(アカデミー賞は真っ白)」というハッシュタグが盛り上がった。

 

 クリスは「ウィルがノミネートされなかったのもフェアじゃないが、ウィルが『ワイルド・ワイルド・ウエスト』で2000万ドルのギャラをもらったこともフェアじゃない」と揶揄したのだ。

 

 一連の騒動に、SNSでは大きな反響が寄せられた。

 

《ウィルスミスが脱毛症に苦しむ奥さんをコメディアンにイジられて壇上に上がってコメディアンをビンタした事は賛否両論あるだろうが俺は感動した》

 

《僕は場を弁えるべきとは思いつつ、男性としては見習うべき本質を感じました》

 

《ウィルスミスが腕力の暴力を謝罪したなら、言葉の暴力振るった司会者も謝罪すべき》

 

「実はウィルさんは、10年前にもビンタ騒動を起こしています。2012年5月、映画『メン・イン・ブラック3』のプレミアで、ウクライナの “お騒がせ” 男性レポーターがウィルに抱きつき、唇にキスしようとしました。

 

 ウィルは顔をそむけてかわしたものの、あまりにもしつこいため平手打ちして、『いったいなんなんだよ!』と怒ったそうです」(芸能ライター)

 

 ウィルは、自叙伝『ウィル(原題:Will)』で、2016年に亡くなった父が母に対して暴力を振るっていたことがトラウマになっていると告白している。それだけに今回の騒動は残念だが、双方の非を認めあい、クリスと和解することを祈りたい。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入