最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

渡辺裕之さん「俺の責任なんだよな」死去1カ月前にかけてきた深夜の電話…映画プロデューサーが語る “異変”

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.05.09 06:00FLASH編集部

渡辺裕之さん「俺の責任なんだよな」死去1カ月前にかけてきた深夜の電話…映画プロデューサーが語る “異変”

2020年6月、本誌連載「寄港めし」に登場した渡辺さん。馴染みの店として紹介してくれたのは、元俳優の松下晋司が経営する高田馬場のイタリアン「マツシタバッコス」

 

 それはあまりにも衝撃的な文言だった。

 

「5月3日(火)昼頃、渡辺裕之さんが自宅にて縊死されました」

 

 渡辺裕之さん(享年66)の妻で、女優の原日出子(62)の所属事務所が5日に発表したコメントである。渡辺さんが発見されたのは神奈川県横浜市の自宅地下のトレーニングルーム。

 

 これまで、本誌は何度も渡辺さんにインタビューをしてきた。気配りと優しさに満ち溢れていて、真面目。そしてタフガイ。およそ「死」とは無縁の印象だったが、周囲はある “異変” に気がついていた。

 

 

 親交がある俳優は、「昨年末にお会いしたとき、とにかく元気がなくて心配だったんです。ご病気という感じではなく、何か精神的に落ち込んでいるような印象でした」と振り返る。

 

 今年公開の映画で渡辺さんと仕事をともにした映像制作関係者も、渡辺さんの様子に違和感を覚えたという。

 

「撮影現場で明らかに元気がなく、声にもハリがありませんでした。私も心配して声をかけましたが、『大丈夫ですよ』と笑っておられました。

 

『現場を盛り上げるために “ファイト一発” をやってください』とお願いすると、『いやだよ』と言いながらも応じてくださったんですが……」

 

 ある芸能関係者は3月、自宅バーベキューに招かれたときのことを述懐する。

 

「事務所の後輩俳優が来て場が盛り上がり、ナベちゃん自身も『映画をやりましょうよ!』と意気軒昂でした。

 

 ふだんはめったに粗相をしないのに、この日は一人で立っていられないほど酔っ払い、締めのスピーチでは『みんなで集まれるのが本当に嬉しくて』と、急に泣きだしたんです。翌日に『いやあ、昨日は酔っ払っちゃいました』と、照れくさそうに電話をくれました。

 

 また、4月にゴルフに誘われたんですが、前日に『ごめんなさい、明日はキャンセルさせてください』と連絡が来たんです。今までそんなことはなかったので、すぐに電話をかけたけど繋がらなかった。

 

 理由に思いあたることはないんですが、コロナが蔓延していたころ一度だけ、『熟年離婚するかも』と言っていました。世間に対し理想の夫婦を演じるのがつらいと笑っていましたが、よくある冗談だと思いましたし……」

 

 古くから渡辺さんを知る映画プロデューサーは、渡辺さんが亡くなる1カ月前の深夜に電話を受けていたという。

 

「深刻そうな声だったので、『何か困り事があるの? 僕が力になれることがあれば言ってよ。お金? まさか女性問題やクスリじゃないよね』と冗談半分に尋ねると、彼も弱々しくですが、『いや、どれも違うよ』と笑っていました。だけど、『俺の責任なんだよな』とこぼしたんです。トラブルを抱えている様子でした。

 

 彼は2005年に1億円の詐欺被害に遭っていたので、いやな予感がして『なんの責任?』とすぐに聞きましたが、答えてはくれませんでした。もう少し粘って尋ねておけば助けられたんじゃないかと、後悔しています」

 

 渡辺さんのご冥福を祈り、合掌。

 

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

 

( 週刊FLASH 2022年5月24日号 )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入