最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

伊藤かずえ「ノート」を買っても「シーマ」には乗り続ける! 「修理代に総額いくらかかったのか把握してません」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.07.02 06:00FLASH編集部

伊藤かずえ「ノート」を買っても「シーマ」には乗り続ける! 「修理代に総額いくらかかったのか把握してません」

「シーマは手放さないって決めたんです」と言う、伊藤かずえさん。最近では“シーマの女神”という二つ名も

 

 ガソリン価格が高騰し、政府による補助金がなければハイオクが1リットルあたり200円を超えるとの予想もされている。一方で、1980年代のシビック、アコード、インテグラなどの中古車市場価格も上昇中。

 

 燃費が圧倒的に悪そうな旧車に乗るその理由を、旧車マニアのレジェンドたちに聞いてみた。

 

 シーマ乗りの日本代表と言っても過言ではないだろう。

 

 

 伊藤かずえさんが乗り続けること32年、走行距離は26万キロを超えた。

 

 ここ数年、伊藤さんがシーマの写真をSNSなどにアップすると、ネットニュースの話題に上るほど注目度が高い。そもそも、なぜ当時24歳の売れっ子女優が、バブルの象徴とまで評された日産のシーマを選んだのか?

 

「父親が日産に勤めていたので『エクサ』『ローレル』と乗り継いできて、車検を機に買い替えようとディーラーへ行ったんです。するとそこに展示してあったのがシーマとGT-R(R-32)でした。

 

 両方とも試乗させてもらった結果、母親に『マニュアルはちょっと……』と言われたので、シーマになったんです」

 

 3年後の車検のタイミングで、買い替えを検討した。

 

「『下取りが高いうちに乗り換える』というのが父の考えだったんです。それに倣って買い替えようかとも考えましたが、シーマは乗り心地がよくて、長距離運転も楽で出足がよくて意外と小回りがきく。

 

 見た目もいいので買い替える理由がなかったんです。それどころか、もうこの車を乗り潰そうと決心しました」

 

 やがて、オーディオが壊れ、マフラーやエアサスを交換。10年たったときは100万円かけてエンジンを交換。

 

 エアコンが壊れたときは部品を新しく作ってもらい60万円かかった。

 

「これまで修理代に総額いくらかかったのか把握してません。30年分で考えたら、かなりの金額になったんだろうな、とは思います」

 

 30年め、日産が伊藤さんにフルレストアを提案。シーマは8カ月かけて「ほぼほぼ新車」に生まれ変わった。

 

「シーマを預けている間、代車として『キックス』に乗っていました。燃費がいいし、SUVは視界が広くて運転しやすかったです。後席もシートベルトをしないと音が鳴ったり、アラウンドビューモニターで車を俯瞰で見て駐車できたり。いいところがたくさんありました」

 

 新しい車のほうが安全だし、便利ではないですか?

 

「じつは去年、日産の『ノート』(ハイブリッド車)を買いました(笑)。もちろん、シーマも乗り続けます!」

 


( 週刊FLASH 2022年7月12日号 )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入